2011年10月23日

NA1 ミッションオーバーホール

RIMG0320.jpg

今日はACURA NA1のお客様のご来店です。
特にミッションの入りが気になるという訳ではないのですが、走行11万キロを超え、クラッチ交換をする際にミッションを降ろすので、折角ならという事で、ミッションオーバーホールをする事になりました。

ACURA仕様は国内仕様とは2、3、4速のギア比が異なり、少しギア比が高いので高速巡航タイプとなります。
お客様はサーキット走行はせず、ストリートでの使用がメインで高速も良く使用する為、余裕のクルージングが出来るACURA仕様のギア比はそのままでいくことになりました。

RIMG0308.jpgフォーク.JPGRIMG0311.jpg

早速ミッションを降ろし各部をチェックすると、クラッチカバー、ディスクはさほどひどい状態ではなく、まだ使用可能なレベルでしたが、レリーズベアリングはグリスが切れ、手で回すと、ゴロゴロと少し引っ掛かる様な感触です。また、画像中央はレリーズフォークの新旧比較ですが、左側の新品に比べ外した旧いフォークは囲い部分を見ると、かなり磨耗し平らになってしまっています。
細かい所ですが、新品は少し湾曲しているのですが、ここが磨耗して平らになってしまうと、クラッチペダルを踏んだ時の微妙なフィーリングに影響します。
今回はお客様の希望で純正クラッチカバーに対応の社外フライホイルに交換し、カバー、ディスクは純正のセットで交換することになりました。

ギア.JPG無題.JPG

次は降ろしたミッションの中身ですが、こちらは想像していたよりも磨耗がひどく、画像はメインの4速ですが、矢印部のシンクロが噛み合う部分がかなり潰れてしまっています。
ギアの歯面に打跡や欠けがあると、異音の原因になりますので歯面の状態も大切ですが、直接ギアの入りに影響するのはここの部分です。
ですので、ギア側が潰れてしまっているということは、相手側のシンクロも画像の様に潰れてしまっています。
よくシンクロを変えれば大丈夫と言う話を聞きますが、余程のことが無い限り、ギアとシンクロはセットでの交換をお勧めします!

RIMG0297.jpgRIMG0406.jpgRIMG0410.jpg

続いて、バラしたパーツを入念に洗浄した後、メイン、カウンターシャフト、シフトフォーク、各ギア等を目視にてチェックします。
ただ、目視では見えない傷やクラックを見逃さない為に、画像の様に染色浸透探傷剤(赤色)という、読んで字の如くの、パーツにクラックがあるとそこに染み込み、現像液(白色)塗布後に赤色の浸透剤が染み出てくる、通称レッドチェックも行ないます。

オイルポンプ.JPGミッションOH3.jpgRIMG03081.jpg

NSXのミッションにはトロコイド式のオイルポンプがあり、画像左の囲み部分はその駆動の為のギアです。多くのミッションがギア自体の回転で、ミッションオイルを各部に回す方式ですが、NSXはこのポンプにより強制潤滑する仕組みです。さすがにパワーのあるNSXならではの仕組みですね!
外したポンプにも傷が入ってしまっていたので、新品に交換しました。

今回は、ギア、シンクロ共に全て新品に交換したので、メインシャフト、カウンターシャフトに組み込んだ後に各ギア間、メインスラスト方向クリアランスをすべて再調整してケースに組み込み、オーバーホール完了です!


早速、試乗をしてみると、オーバーホール前に比べ、ギアが入る瞬間のしっかり感が蘇り、新品ギア、シンクロの多少の渋さはあるもののシフトチェンジはスムーズです!
しばらく走ると新品の渋さは無くなりますので、これからも高速クルージングを楽しんで下さいね!


今回掛かった費用は、

純正部品一式           ¥263,959
工賃(T/M脱着、クラッチ交換)   ¥88,200
工賃(T/M オーバーホール)    ¥75,600

合計               ¥427,759


作業のご依頼有難うございました。

Posted by 吉澤
posted by Mechanic at 21:35| Comment(0) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

NSX-R用部品を販売します。

NA2ヘッドライト1.jpg

NSX-R用純正部品をスペシャルプライスにて販売いたします!
憧れのHondaリアルスポーツカーNSX 02Rのパーツが特価にて手に入れられるチャンスです!!

@NSX-R ボンネットフード
60100-SL0-Z10ZZ フードCOMP ¥809,676(定価¥1,156,680)

NA2ボンネット.jpgNA2ボンネット3.jpgNA2ボンネット2.jpg
NA2-R純正ボンネットはドライカーボン製。純正だけに仕上がりは極上。Hondaの軽量化へのこだわりを感じます。


ANSX-R RECAROシート 色:赤、黒、左右有り ¥584,500/1脚(定価¥835,065)

NA2RECARO.jpgNA2RECARO2.jpgNA2RECARO3.jpg
写真右はNSX-R純正である証のシリアル。矢印部を見てみるとシェルの重量が記載されています。1脚ごとの重量がグラム単位で管理されているのですね!ここからもまさにHondaの高い精度へのこだわりが伝わってきます。


BNSX-R ヘッドライト、右ハンドル用、白、HID仕様
33101-SL0-033ZB ヘッドライトユニットR ¥66,150(定価¥94,500)
33151-SL0-033ZB ヘッドライトユニットL ¥66,150(定価¥94,500)

NA2ヘッドライト.jpg


CNSX-Rエンジンカバー金網タイプ
69110-SL0-900 リッドCOMP,エンジンメインテナンス ¥106,600(定価¥152,355)

NA2エンジンカバー.jpg


DNSX-R テールレンズセット ¥67,400(定価¥96,390)

NA2テールレンズ.jpgNA2テールレンズ2.jpg


ENSX-R リアスポイラー(ハイマウントストップランプ込み)
¥590,300(定価¥843,320)

NA2リアスポイラー.jpg

送料は別途となります。

その他のNSX-R用純正部品のお問い合わせもスプーン部品部 [sales@spoonsports.co.jp] へお問い合わせください!

Posted by 原

posted by Mechanic at 22:13| Comment(0) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

NA2 リジカラお取付け

NSX1.jpg

今日はNSX NA2のお客様です。

走行距離96,000km、約15年を経過しているとは思えないほど各部が綺麗でメンテナンスが行き届いている印象。
大事に乗られているのがしみじみと伝わってくるクルマでしたが、
オーナー曰く、最近、サスペンション廻りの劣化が気になり始め、まずはリジットカラーの装着とダンパーを交換してNSX本来のドライビングフィールを復活させたいとのことでした。

リジカラフロント.jpgリジカラリア.jpgリジカラR.jpg

NSXのサブフレームは通常の車種よりも締結ポイントが多い為、前後で16箇所、合計20個ものカラーが装着できるので、その効果は顕著に感じることができます。
装着箇所が多いので、取り付けにはちょっとしたコツが必要ですが、サブフレームを水平に上下しながら、慎重にカラーを装着していきます。

スポーツサス.jpg

そして最後に先日リリースされたばかりのmoduloスポーツサスペンションを装着して作業完了。

作業前はダンパーとブッシュの劣化のせいか、路面に対しての追従性と収束感が悪かったのですが、作業後は明らかにしなやかなストローク感とステアリング応答性が良くなった感触。街乗りでの乗り心地もとても良く、サスペンションブッシュの劣化を忘れさせるほどのフィーリングとなりました!

これでまたさらにNSXへの愛着が強くなりましたね!!
これからも末永くNSXドライビングを楽しんで下さい!
有難う御座いました。

今回の費用は

サブフレームリジットカラー     ¥24,150
取付工賃(アライメント込み)     ¥75,600
moduloサスペンション       ¥291,900
取付工賃              ¥33,600
合計                ¥425,250

Posted by 原
posted by Mechanic at 18:05| Comment(0) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

NA1 リジカラ装着

NSXリジカラ1.jpg

発売以来、装着したユーザーから高い評価を頂いているサブフレームリジットカラーですが、今日もNSXのお客様が来店し、装着することになりました。

主にサーキットを走行されているようですが、リジカラ効果を是非試してみたいとの事でした。

早速装着です。
まずはフロント
フロント3.jpgNSXフロント1.jpgフロント2.jpg

前回ブログにて御紹介したNSXはフルオーバーホールだったため、サブフレームを完全に下ろしましたが、通常リジカラ装着の場合は、写真右のようにリジットカラーが挿入できるくらい(約30mmほど)下ろし、カラーを入れ締結ボルトを徐々に締めこみます。

次はリヤです。

リヤ3.jpgリヤ1.jpgリヤ2.jpg

リヤは前側フレーム、シフトワイヤーなどを外し、同様にサブフレームを30mmほど下げ、カラーを写真のように差し込みます。NSXリヤは片側6箇所あるので、締結時はサブフレームを水平に保ちながら徐々に締め付けるのがポイントです。

エキマニ1.jpgエキマニ3.jpgエキマニ2.jpg

そして今回、リジカラ装着でサブフレームを下ろすため、同時にエキマニ交換とマフラーの修理を行うことになりました。
実は約15年くらい前にSPOONエキマニを装着されましたが、今回経年の劣化が見られたためオーナーの希望でSPOON NEWエキマニに交換。バンテージを巻いて熱対策も万全です!

今後マフラー修理が完了次第、納車となりますが、リジカラ効果を楽しみにしていて下さいね!!

Posted by 原
posted by Mechanic at 16:52| Comment(4) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

NSXリフレッシュ 続編

エンジン脱着1.jpg

今日は、先日リジカラ装着、サスペンションリフレッシュをご紹介したNSXの作業の続きです。

エンジン脱着3.jpgエンジン脱着4.jpgエンジン脱着5.jpg

まずはエンジンを降ろし、タイミングベルト交換をはじめ、エンジン補器類の
オーバーホールです。
走行25000kmですが、20年経過したベルト、パッキン類は劣化が激しく、
写真中央のようにNSXはオイルパンパッキンや水冷式オイルクーラー周りからの
オイル滲みが多いので、メンテが必要です。

タイミングベルト交換前1.jpgタイミングベルト交換2.jpgタイミングベルト1.jpg

写真左は作業前の状態です。
パッキンだけでなく錆びも取り除き、塗装して見た目もリフレッシュ。
オイルポンプ、ウォーターポンプも動きに渋さが生じていたので新品に交換です。

バルブクリアランス2.jpgバルブクリアランス1.jpgNA2ヘッドカバー.jpg

そして、バルブクリアランスを適正値に調整して完了。
写真のようにヘッド内はとても綺麗で状態は良好。オイル交換をこまめにされていた
証でしょう。
写真右はNA2タイプRのヘッドカバー。NA1とはブローバイホースの取り回しが
違いますが、PCVバルブの一部加工で装着可能です。
NA2ではこのPCVの位置の改良でブローバイ循環が改善されているのでオイル消費も
少なくなります。

最後にエンジンを降ろしたら、一度交換をお勧めしたいパーツがこれです。

油圧センサー.jpg

NSXのメーターには油圧計が有りますが、その油圧センサーです。
この油圧センサー不良でメーターが作動しなくなることがあるので、要チェックです!


次はミッション、クラッチ。

クラッチ.jpgミッションOH2.jpgミッションOH3.jpg

クラッチはディスク、カバー、フライホイールの磨耗をチェックするだけではなく、
プレートやリベットのクラックを細かくチェック。
磨耗が少ないからといってそのまま再利用するとプレートが割れてしまった、
なんてことがあるので入念なチェックが必要です。

写真中央はギヤ。上が新品、下が交換したギヤです。
走行25,000kmほぼ全てサーキットを走行していたために、各ギヤシンクロの歯は
同じように磨耗があり、新品に交換することになりました。

写真右はオイルポンプのトロコイド。こちらも見逃しがちなのですが、写真右のように
傷が入り、これが悪化するとオイルポンプ焼きつきの原因となるので交換です。

ミッションOH4.jpgミッションOH6.jpgミッションOH5.jpg

そして純正LSDのイニシャル調整、スラストシムの測定・調整を行い組み込んでいきます。

最後にブレーキです。

ABS変換1.jpgABS変換4.jpgキャリパーOH1.jpg

写真左はNA1のABSモジュレーター。右は今回変換したNA2用。
20年前のユニットの重量は約10kgで、これだけでも約6kgの軽量化となり、
作動面では現在発売されている車両のABSと遜色ないくらいの性能となります。
この車両は既にNA2用前後キャリパー、ローターが装着されていたのでOHを行い、
ブレーキは全てNA2化となりました。

NA1テスト.jpg

全てのリフレッシュ完了後、袖ヶ浦フォレストにてテスト走行を行い、各部のチェック。
一緒に訪れたオーナーも最後に走行したところ、
「今までとはまったく別の車になったような感覚。特にサスペンションブッシュを
リフレッシュしたのとリジットカラーが効いているせいか、車の挙動が分かりやすく
安定したドライビングができるようになりました。」と終始満足げでした。

posted by Mechanic at 20:37| Comment(0) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。