2011年08月28日

アコード CF3             タイミングベルト交換

CF3 1.jpg

今日はCF3アコードのお客様がご来店です。

「走行距離が10万キロを超え、タイミングベルトやウォーターポンプを交換したい。最近メカニカルノイズが大きくなり、エンジンの調子も衰えて来たので一緒にバルブクリアランス調整も行ないたい。」との事でした。

CF3 2.jpgCF3タイミングベルト.jpgバランサー、テンショナー.jpg

エンジンはF18B SOHC VTEC。
写真右のようにタイミングベルトとバランサーシャフトベルトの2本のベルトが2個のテンショナーによって張られています。

ベルト.jpgテンショナー.jpgウォーターポンプ.jpg

左の写真のようにベルトに亀裂や傷は有りませんが、ベルトの山が若干ですが丸くなり磨耗しているのが分かります。10万kmくらいの走行ではまず切れることは有りませんが、ベルト伸びによるタイミングのずれや駒とび防止という意味でも交換をお勧めします。

タイミングベルトを交換する際に同時に交換すべきパーツがあります。
まずは写真中央のテンショナー。F18Bはタイミングベルトとバランサーシャフトベルトの2個のテンショナーが有りますが、グリス封入のベアリングのため、10万キロ走行すると劣化し、指でまわすとゴロゴロと抵抗感が生じます。
ウォーターポンプ(写真右)も同様に抵抗が生じているので同時交換しましょう。

バルブクリアランス調整.jpgエンジンマウント1.jpgスプールパッキン.jpg

そしてオーナーが一番興味を持っていたバルブクリアランス調整です。
まずは各バルブのクリアランスを測定しますが、インテーク、エキゾースト共に適正値より0.03~0.05mm広がっていました。
最後にエンジンミッションマウント、スプールバルブパッキンも交換し作業完了。

エンジンをかけると明らかに作業前に比べ、エンジン音が静かになった印象。エンジンの吹け上がりも軽くスムーズになり甦りましたね!!

今度、燃費なども含め、ぜひ感想を聞かせてくださいね。有難う御座いました。

Posted by 原


posted by Mechanic at 21:12| Comment(2) | アコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作業の方ありがとうございました。

最初に驚いたのは、エンジンがとてもスムーズになったことです。
エンジンのメカニカルノイズの低下や振動が少なくなりました。
また、パワーの回復等も実感できました。
燃費に関しては、まだそこまで走っていないのでなんとも言えません。
Posted by CF3オーナー at 2011年08月30日 06:21
CF3オーナー様

先日は作業のご依頼を頂きまして誠に有難う御座いました。
バルブクリアランスを調整したことでエンジンフィールが甦り、またお車への愛着がより増したのではないでしょうか。
これからも必要なメンテナンスをしながらドライビングを末永く楽しんでくださいね。
また何か御座いましたらお気軽にご連絡下さい!!
Posted by TYPEONE 原 at 2011年08月30日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。