2011年08月06日

これが走行10万kmエンジンなの?

DSC010531.jpg

今日はCL1トルネオユーロRのエンジンOHです。
このCL1は下取りした車両で、エンジンOH後、中古車で販売します!

IMG_9167.jpg IMG_6110.jpg

DSC010551.jpg

写真は下ろしたエンジンのエキゾーストポートです。
心配しないで下さい。通常はもっと綺麗です。

インテークバルブからオイルを吸い燃焼した結果でこの様な排気ポートになります。正常(オイル消費が1000kmで500cc以下)の場合は綺麗で薄く茶色に着色している程度、このようなポートに為るのはオイルが燃焼しているエンジン特有の症状です。

DSC01058.jpg

写真右のステム(矢印部)その上に位置しているステムシールからオイルを吸い(下がり)バルブフェース面には新油の跡が見て取れます。これが原因、、、と思ったら・・・。

DSC01085.jpg

ヘッドを下ろしシリンダー内部を見ると無数の縦傷が。
これは致命的でシリンダー内壁内寸は指診でも摩耗が判る程でした。それでも特殊素材のシリンダー内壁が写真だと綺麗に見えますね。

DSC01084.jpg

ピストンクラウン部は特に異常はありません、勿論カーボンの堆積は多く多少問題ですが、ピストン頭部にもスカッフの痕跡もありません、ピストンを測定すると楕円摩耗が進み、リング溝の倒れ不良、リング溝底荒れも在ります。

DSC01052.jpg

燃焼室は特段の問題は見当たりません、水廻りも綺麗、ガイド、シートなど交換で再使用が可能です。

DSC01059.jpg

参考までにヘッドカバーの内部に在るバッフル板に注意。スラッジがこびり付いてしまっていますが、もう少しオイル交換のサイクルを早めた方が良いですね。内部の状態はオイルフィラ―キャップの裏側で概ねの判断が出来ますよ。

今回のブログでUPした状態のエンジンは下取りが可能でした。
通常、H22AエンジンOH ASSYの金額は¥504,000です。


最近、電話でエンジンやミッションのオーバーホールの正式な見積もりが欲しいとリクエストが在るのですがチョット困ります。
それは実車を試乗し、エンジンなど降ろして分解点検して開けて見ないと、正確な金額が判らないからです。

エンジンやミッションはブロー破損していない場合、エンジンOH ASSYはF型¥504,000、K,B型¥399,000、ミッションは最大で¥168,000です。
エンジン脱着工賃は約10万円、ミッション脱着工賃は3〜4万円です。


ただ、LSDやHonda純正部品、ギアのお持込の場合は使用可能かクラック検査が必要です。最近は「新品でも梱包不良などで傷が有り」、写真下のように同様の検査が必要で返品交換を要することがあるので十分に注意が必要です!

IMG_7658.jpg

Posted by 原


posted by Mechanic at 19:33| Comment(0) | アコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。