2011年06月19日

EK9 エンジン換装

EK9.jpg

今日はEK9シビックが積載車にて搬送されてきました。

富士スピードウェイを中心にサーキット走行をされているというお客様でしたが、先日走行中にエンジンがばらつき、ストップしてしまったとのことでした。

エンジンブロー6.jpg

入庫後調べてみるとセルモーターは回らず、プラグをチェックしてみると写真上のように4番シリンダーのプラグが破損していた為、エンジンブローと判断。エンジンを載せ代えることになりました。

エンジンブロー2.jpgエンジンブロー1.jpgエンジンブロー3.jpg

エンジンを下ろしてバラしてみると、4番のバルブが落ち、ピストンも激しく破損をしているのが分かります。バルブが落ちたのは4番シリンダーのみですが、その他の気筒も破片を吸い込み、全ての気筒が傷だらけになっているのが分かります。これは破損した破片が一度インマニのサージタンクに吹き返され、それがまた他の気筒に吸気されるためです。

エキマニ1.jpgインマニ1.jpgインマニ2.jpg

写真左はエキマニのポート。エンジンブローをすると当然エキゾーストに破片が吐き出されますが、写真中央、右のようにインテークマニホールドにも破片が吹き返され、さらにはエアクリーナーまで戻っていることがあります。
そのためエンジンブローし、エンジンを載せ代える時はエアクリーナーからインテークマニホールドまでも十分な洗浄が必要です。これを怠ると・・・せっかくのNEWエンジンもすぐにブローなんてことが起り得るのです。

触媒1.jpg触媒2.jpg


写真は触媒です。触媒にも破片が詰まっていますので、そのままでは排気効率が悪くなってしまいます。目詰まりが無いようにエアブローを入念に行い、取り除きましょう。

補機洗浄.jpg水冷式オイルクーラー1.jpg水冷式オイルクーラー2.jpg

補機類を全て入念に洗浄しNEWエンジンに移植するのですが、ブローのときに再利用が出来ないパーツが有ります。写真中央の水冷式オイルクーラーです。オイルフィルターの根本に位置するのですが、この内部(コア)に破片が入ってしまうと洗浄しても取り除くのが困難なため、新品に交換します。

補機移し1.jpg補機移し3.jpg補機移し2.jpg

写真はウォーターラインのジョイントをシリンダーブロックに装着しているところですが、水漏れ防止のためにねじロック剤を塗布し、ねじ込みます。

スプールパッキン1.jpgスプールパッキン2.jpgスプール面出し.jpg

そしてB型エンジンでよくあるトラブルがスプールバルブからのオイル漏れです。エンジンOH等で外すことが有れば写真左、中央のパッキンは必ず交換しましょう。
さらにタイプワンではスプールバルブ自体のパッキン面をオイルストーンで面出しを行い(写真右)、装着することでオイルにじみを防ぎます。

NEWエンジン1.jpgNEWエンジン2.jpgNEWエンジン3.jpg

今回、お客様の要望で、搭載するエンジンはB16B 1800エンジンです。ピストン、コンロッド、クランクシャフトをDC2のB18C用を流用し、ストロークアップで1.8L化となりました。
同時に1800専用SPOONスポーツコンピューターを装着で低回転からトルクフルなエンジンとなり、街乗りでは扱いやすく、サーキットではタイムアップ間違い無しです!

換装後、約2000kmの慣らし走行を経て、全開走行可能となりますので、サーキット走行復活を楽しみにしていてくださいね!!

今回のエンジン換装に掛かった費用は下記の様になりました。

B16B 1800 エンジン             ¥399,000
エンジンベース代(エンジンブローの為)     ¥315,000
エンジン脱着、洗浄工賃             ¥126,000
エンジンオイル MOTUL H-TECH 5W-30     ¥ 5,670
エンジン補機ショートパーツ           ¥ 42,231
ECU(1800仕様)                ¥ 84,000
レーシングプラグ                ¥ 10,080
合計                      ¥981,981

入庫後、1週間での作業でした。
有難う御座いました。

Posted by 原


posted by Mechanic at 21:20| Comment(2) | シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております。

今回のエンジンブローはどのような原因なのでしょうか?
推測でも結構ですので、教えて頂けると幸いです。

私はDC2を所有しており、同様のことが起きる可能性があるので、参考にさせて頂ければと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します。
Posted by 石井 at 2011年06月22日 23:35
石井 様
コメント、有難う御座います。
今回のエンジンブローの原因ですが、損傷の状況とお客様の壊れたときの走行データから推測すると、エンジン過回転によるバルブ損傷による為だと思います。

特にシフトミスによるオーバーレブはエンジンブローの原因となりますので、気をつけましょう。

Posted by TYPEONE 原 at 2011年06月24日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。