2011年06月01日

KB1 サスペンションリフレッシュ

KB1.jpg

今日はレジェンドのお客様です。

「走行距離が110,000kmに達し、最近サスペンションの動きにしなやかさが無くなってしまい、ダンパーを交換したのですが、路面からの入力がさらにゴツゴツとしたフィーリングとなり追従性が悪くなってしまった。」との事でした。

まずは距離的にサスペンションブッシュの劣化や硬化が考えられるため、リフトで上げてブッシュの状況をチェックしてみると、やはりサスペンションブッシュは潰れて変形し、ゴムも硬化している状況でした。

ロアアーム.jpgブッシュ1.jpgロアアームブラケット2.jpg

写真左はフロントのロアアーム。クルマの荷重が一番掛かり負担が大きいのがこのロアアームのダンパー下のブッシュです(写真中央)。
矢印部を見てみるとブッシュが下方向に潰れ、しわがよっているのがわかります。このようにブッシュが潰れさらに硬化してしまうと路面からの入力がこのブッシュで吸収できなくなりサスペンションのしなやかさが失われてしまうのです。
写真右はフロントロアアームのブラケットブッシュですが、同様にブッシュが劣化しています。

サスアーム1.jpgサスアームNEW.jpgコントロールアーム.jpg

レジェンドのサスペンションはブッシュ単体での交換が出来ないので、写真のようにサスペンションアームごと新品に交換です。

リアハブ.jpgスタビブッシュ.jpgスタビリンク.jpg

今まで足回りに関しては全くメンテナンスはされていないとの事でしたので、サスペンションブッシュだけではなく前後ハブ、スタビブッシュ、スタビリンク、タイロッドエンドなど総リフレッシュを行ないました。

リアリジカラ1.jpgリアリジカラ2.jpgリアリジカラ3.jpg


そして、サスペンションのしなやかさ、操縦安定性の向上と言えば・・・リジカラです。
写真はリアのリジカラを装着しているところです。実はレジェンドのリア用はまだ設定が無いため、今回試作をお取付けさせていただきました。近日リリース予定です。

アライメント1.jpgアライメント2.jpgアライメント3.jpg

最後に4輪アライメントテスターでアライメントを純正標準値に調整し作業完了。

今回の足回りリフレッシュに掛かった費用は下記の様になり、1週間お預かりでの作業でした。

サスペンションアーム一式         ¥175,628
ハブ、タイロッドエンド          ¥ 70,560
工賃(サスアーム一式交換)        ¥151,200
工賃(ハブ、タイロッドエンド交換)    ¥ 33,600
アライメント               ¥ 25,200
合計                   ¥456,188


リフレッシュ後はまさにHonda高級セダンを思わせるべく、しっとり、しなやかなサスペンションフィールとなりました。今度ぜひ感想を聞かせてくださいね。
有難う御座いました!!

Posted by 原


posted by Mechanic at 21:59| Comment(0) | レジェンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。