2011年03月26日

最近良くある出来事。

クラッチマスターシリンダー3.jpg

「ギヤの入りが悪いのでミッションをオーバーホールして欲しい。」との連絡があり、S2000が入庫しました。
詳しい話をお聞きしたところ、サーキットでも街乗りでもすべてのギアが入りづらくなっているとの事でしたので、まずはミッションではなくクラッチを疑い、調べることになりました。

クラッチフルード1.jpgクラッチフルード2.jpgクラッチマスターシリンダー1.jpg

すべてのギヤが入らない時は、ミッションを疑う前に、ボンネットを開け、写真左・中央のクラッチフルードの量を確認します。
もしフルードの量が減っていたら、クラッチラインのどこからかフルード漏れが有る可能性があります。
このクラッチフルードは、ブレーキフルードのようにパッドが減るとその分、フルードの嵩が下がるのとは異なり、クラッチディスクが磨耗してもフルードが減ることは無いので、減っていたら要注意です!

今回のS2000もクラッチフルード量が減っていた為、クラッチフルードの漏れを確認です。

まずは写真右のクラッチマスターシリンダーです。
運転席のクラッチペダル上部に位置するのがクラッチマスターシリンダーですが、クラッチペダルを踏み込むとこのピストンがストロークし、クラッチラインに油圧が掛かり、ミッション側のスレーブシリンダーがストロークすることでクラッチが切れる仕組みです。

最近S2000に限らず多いのがこのマスターシリンダーからのフルード漏れです。

クラッチマスターシリンダー2.jpgクラッチマスターシリンダー31.jpg

マスターシリンダーを外して見てみると、この車両も走行8万キロでオイルシールが劣化しフルードが漏れているようです。
当然のことながら、フルードがここで抜けてしまい油圧が十分に掛からないとクラッチは切れず、すべてのギヤが入りづらくなりますのでクラッチマスターシリンダーを新品に交換です。(写真右)

次に、クラッチフルード漏れと言えば、クラッチスレーブシリンダーとクラッチホースも要チェックです。

スレーブホース2.jpg

今回、サーキットも頻繁に走行するとの事でしたので、写真のようにミッション側のスレーブシリンダーを純正新品に、クラッチホースはSPOON製のステンメッシュタイプに交換しました。

スレーブシリンダー1.jpgスレーブシリンダー3.jpgスレーブシリンダー2.jpg

写真はスレーブシリンダーですが、ダストブーツをめくると写真右矢印部のピストンシールからもクラッチフルードが滲み出ている事があります。
クラッチライン系を交換する場合はマスターシリンダー、ホース、スレーブシリンダーの3点を点検しましょう!


交換後、試乗をしてみるとギヤの入りはスコスコと普通に戻り、ミッションの損傷はありませんでした!

今回の掛かった費用は工賃込みで¥42,515、作業時間は2時間でした。

クラッチマスターシリンダー   ¥ 9,030
パッキン(マスターシリンダー)  ¥ 200
スレーブシリンダー       ¥ 6,090
クラッチホース(SPOON)     ¥ 9,450
クラッチフルード        ¥ 945
交換工賃            ¥16,800
合計              ¥42,515

ギヤの入りに不具合があったらまずご相談下さい!!

Posted by 原


posted by Mechanic at 19:58| Comment(0) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。