2010年05月10日

FN2 スロットル&インマニ加工

FN2スロットル1.jpg

今日はFN2のお客様がご来店です。

先日SPOONスポーツコンピューターを装着し、
“クルマが別物になり、ノーマルの足回りでは乗りこなせないくらい変わった”との
高い評価をいただきましたが、今回、更に吸気系に手を加えることになりました。

スロットル比較1.jpgFN2インマニ加工2.jpgFN2インマニ加工1.jpg

もうご存知の方も多いと思いますが、FN2の純正スロットルボディ(写真左の左側)は
入り口径62φ、バタフライ径60φと1600ccクラス並のサイズしかなく、せっかくの
インマニ内部の4スロ形状も活かせておりません。
そこでFD2のスロットルAssyを流用装着することで入り口径70φ、バタフライ径65φに
拡大し吸気効率を大幅にアップ。
その際、写真中央、右を見て分かるように、ただスロットルを交換するだけでは
赤い部分の大きな段差が生じ抵抗となってしまうため、せっかくのスロットル容量アップの
効果を引き出すことが出来ません。

インマニ加工3.jpgインマニ加工4.jpgインマニ加工5.jpg

写真左、中央のようにインマニを外し、段差部分をリューターで切削加工を行い、
スロットルとの段差を完全に無くすことで吸気抵抗を低減し充填効率を上げる事が
出来ます。(写真右)

料金の方は下記のようになります。

スロットルASSY  ¥ 58,800
インマニ加工    ¥ 25,200
脱着工賃      ¥ 33,600
合計         ¥117,600

早速、お客様からインプレが入ってきました。

“先日ECUを交換して、エンジンの排気量が上がったのでは?と思うくらいの
トルクとパワーを実感しましたが、今回スロットルとインマニ加工をした事で更に
全域においてのレスポンスがアップし、高回転の吹け上がりと伸びが良くなりました!”

インプレありがとうございました。
これでFN2の吸排気ウィークポイントはほぼ改善でき、K20Aエンジン本来の性能を
十分に発揮できるようになりましたね!
次はこのパワー感に負けないようにサスペンション、ボディを強化したいとの事ですが、
その時はまたご連絡くださいね!ありがとうございました。

Posted by 原


posted by Mechanic at 17:17| Comment(0) | シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。