2010年04月03日

ミッション オーバーホール(続編)

P1150216.jpg

今日はまたまた九州からS2000のお客様が御来店されました。
前回御来店されたときにミッションが渋いというお話をお伺いし、今回は1泊2日コースで
ミッションをオーバーホールすることになりました。

作業前にまず試乗してみると3-4速のゲートが重く、力を入れないとギヤが入らない感触。
また110,000km無交換のクラッチも重く、滑り始めていましたので同時に交換です。

おろしたミッション.jpgクラッチ1.jpgフライホイール.jpg

まずミッションをおろし、クラッチをチェックしてみるとやはりクラッチディスク(写真中央)は
磨耗しており、ディスクフェイス内側に滑った跡があるのがわかります。
特にS2000のクラッチディスクはディスク残量が十分に残っていてもディスク内側(矢印部)
がボソボソになっていたら高回転でのすべりの原因となるので交換が必要です。

ミッションASSY1.jpgミッションASSY2.jpgミッション1.jpg

そしてミッションは先日タイプワンにてあらかじめ組み上げられたT/M ASSYを積みます。
写真中央はシリアルナンバープレート。この番号で交換した部品、測定値など
OHの内容全てが管理されます。
ミッション搭載後、最後に試乗チェックを行い、冷間時、温間時でのシフトフィールを
再確認して作業完了です。

重かったシフトゲートとクラッチストロークもスムーズになり、快適なドライビングが
復活しましたね!

このようにあらかじめオーバーホールされたミッションをご用意しておけば
当日、もしくは2日間でミッションオーバーホールが可能ですので、遠方の方も
お気軽にご相談ください!

Posted by 原


posted by Mechanic at 19:37| Comment(0) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。