2009年03月07日

FD2カーボンルーフ装着 前編

「ルーフ交換ってどうやってやるの?」と言う御質問が最近多いので、
今日はFD2のカーボンルーフ装着作業を紹介します。

車両は埼玉県在住のお客様で走行距離はまだ2000kmです。

ガラス外し.jpgガラス外し2.jpg
まずは前後のガラスを外します。

室内.jpg
ルーフ脱着で鉄粉やボンドなどが落ちることがあるので、室内にはビニールシートを全面に敷き、汚さない様に完全に覆います。

ルーフ内装.jpg
ルーフ内装、ルームランプ等を外します。ガラスが無いのでルーフ内装は楽々外し出せます。

スポット剥がし1.jpgスポット剥がし2.jpgスポット剥がし3.jpg
そしてノーマルのルーフパネルを外します。
一周にわたって数十箇所スポット溶接されているのですが、それを一個ずつ丁寧にスポットカッターで剥がします。
削りすぎると下のパネルまで穴が空いてしまうので、パネル1枚分だけ削り取るのがポイントです!!

ルーフ外し.jpg
スポットを全部剥がし、やっとルーフが外れました!

修正.jpg
そしてカーボンルーフを接着する前に下準備です。
剥がしたスポット部分は段差があります。
このままカーボンルーフを接着させても面が出ないので、きれいに修正します。

コーキング1.jpgコーキング2.jpg
ここも重要ポイント!
ルーフ前部、中央、後部にパネルが貼り合わさっている部分があるのですが、この隙間はパネルボンドだけでは埋めきれず雨漏りを起こす事があります。
あらかじめシリコンシーラントでその隙間を完全に埋めます。

ルーフ位置決め.jpg
ついにカーボンルーフを載せます。
ここは最重要ポイントです!!
左右のボディーとの隙間を測りながら、前後の位置も決めます。
位置が完全に出たらクランプで仮固定。

位置決めタッピング穴.jpg
この仮止めした状態で一周に渡って等間隔くらいで、タッピングビスを留める下穴を開けておきます。

ここまでくればあとはパネルボンドで接着です。

後編はまた明日。



posted by Mechanic at 19:44| Comment(0) | シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。