2012年04月18日

え〜〜そんなの知らないって(涙)

IMGP0142.jpg
写真左は量産K20型の、右は懐かしいSPOON製のB型の、それぞれブロックのラダ―フレームですね、私達はノーマルのB型ブロックにラダ―フレーム型オイルパンを使いました、目的は純粋に回転出力を上げる為で1991年に独自に設計に着手し製造したのです、正に狂気が成せたるで、でももうこれ誰も知らないって、若いスタッフが知らないデスって、、(涙)

IMGP0136.jpg
K型やF型エンジンはクランクシャフトをブロックとラダ―フレームの間に挟み込む事で「捩じれ強度」を上げる設計が採用されています。この量産が始まる遥か前に私達が設計して型を起こして精密鋳造したんですね、
もちろん大型パンも造りましたし専用ストレーナ―なども、売る気なし、要するに造りたかっただけなんです。

RIMG0497.jpg
でみんなで現行のブロックを見てワイガヤとなにやら集まり・・・。

IMGP0135.jpg
例えばブロック下部に位置するラダ―フレームの一部を、よ〜く見ると、、
で更によ〜く視ると
        ↓

IMGP0133.jpg
新品エンジン、新品部品のエンジン内部の角はこんな感じ、角は「ポロ」っと行きそうですね。

IMGP0134.jpg
私達は自社で組むエンジンの全ての内部の角はRを付けています、オイルが触れて流れる部分は全てです、バリが潤滑経路に落ちない様に、、。

IMGP0125.jpg
コンロッドのピン頭部も怖いので打痕や傷がない事を拡大鏡で目視、検査をしています。

IMGP0123.jpg
燃焼室のプラグホール周りもしっかりと点検、ごく稀にピンホール状の荒れがあるのでそんな時はゴムリューターなどで最低限の修正を加え整形しています。

エンジンの内部、シリンダーブロックやヘッドは組み立てると見えない部分、でもこの見えない部分にしっかりと「意思」を込める、を大切にして行きたい、そんな感じでスタッフ一同が協力して組んでいます、いわいる伝統芸の世界ですね。


Posted by吉澤


posted by Mechanic at 17:06| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。