2012年02月09日

エンジンの載せ替え作業後の報告。

RIMG0242.jpg

1月25日のブログで紹介したNEWエンジン交換S2000の件で今回はエンジン始動、ラッピングから試運転への一連の作業フローとこれら作業時間と修理総額をレポートします。

IMG_1691.jpgIMG_1688.jpgRIMG0279.jpg

エンジン搭載後にオイルと冷却水を充填、プラグを外した状態でクランキングだけで回転させオイルを昇圧させ潤滑油がヘッドに届く事を確認します。
油圧の警告灯が消えるのを確認してからプラグを装着して、いよいよ火を入れて感動の初始動ですよ〜(笑)!

始動後はまず30分ほどアイドル回転で水温を上げてから一度エンジンを止めて冷却、水量をチェック、再度エンジンを始動し2000rpm固定で30分間、3000rpm固定で30分間、4000rpm〜5000rpmまで徐々に回転を上げ負荷なしでラッピングします。
ラジエターには走行風が当たらないため画像の様に外部強制ファンを使いながら完全に水温を上げて、ヘッドとヒ―タ―ラインのエア―抜きを充分に行います。

これらラッピング工程がエンジンのシリンダー内壁にアタリを作ります、この工程でエンジンの今後のオイル消費量に大きな差が出るんですよ〜。

スタッフはNEWエンジンのフィールを確かめながらHIMを使い電装系をチェック、約300km程を試乗して問題が無い事を確認してから完成となり納車となります。

IMG_1694.jpgDSCF0811.jpgDSCF0277.jpg


作業時間は5日間のお預かりで費用は下記でした。


F20Cコンプリートエンジン ◎新品エンジン   ¥735,000
バッフルオイルパン                  ¥48,300
エンジンオイル 5.5L                 ¥7,508
オイルエレメント3個                  ¥1,050
工賃(エンジン脱着)                 ¥109,200

合計                           ¥901,058

今回はエンジンブローのため、新品エンジンでしたが、F20Cオーバーサイズピストンを使用したオーバーホールエンジンの場合はエンジン価格¥504,000となります。

F20Cオーバーホールエンジン 商品番号:10000-F20-901 ¥504,000
F20C新品エンジン        商品番号:10000-F20-C00 ¥735,000

RIMG0856.jpgEK9エンジン下ろしA.jpgP1110556.jpg


こちらはEG6,EK9,DC2のB型エンジンの基本メニューです。


コンプリートエンジン (下取り無し)◎新品エンジン                ¥672,000
エンジンオーバーホール(下取り有り)オーバーサイズピストン仕様    ¥399,000

工賃(エンジン脱着)                              ¥100,800


P1160029.jpgP1160303.jpgIMG_8497.jpg

そしてこちらはCL7,DC5,FD2のK型エンジンの基本メニューです。

コンプリートエンジン (下取り無し)◎ 新品エンジン            ¥609,000
エンジンオーバーホール(下取り有り)オーバーサイズピストン仕様   ¥399,000

工賃(エンジン脱着)                              ¥100,800


Posted by吉澤



posted by Mechanic at 11:40| Comment(2) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。