2012年02月07日

エンジンのオーバーホール。

P1040602.jpg

今回は走行10万キロオーバーのエンジンを例にオーバーホール作業をレポートします。
ヘッド内のオイルを指先に付けて見ると綺麗です、しかし内壁はオイルスラッジで真黒、
これが大体普通の汚れです、ヘッド内にカーボンの堆積はありません。

オイル交換が1万Km以上も無交換だとその後で交換のサイクルを早めてもスラッジは
排出されず、燃焼室内やピストントップの堆積物も取りきれません。
抜いたエンジンオイルの状態や分解したパーツの状態はそのエンジンの使用環境の判断材料になります、分解時に各パーツの磨耗状態や傷、クリアランスなどもチェックしていきます。

P1040616.jpgP1040603.jpgP1040621.jpg

このエンジンのシリンダー内壁は綺麗で立て傷も少なくオーバーサイズを使い腰下は通常のリビルトでオーバーホ―ルが可能です。
ピストン、リングは交換、メタルは摩耗が進み張りが無し、勿論交換です、ヘッドはバルブ、ガイド、スプリング、ステムシールなど全交換します。

P1040609.jpgP1040614.jpgP1040622.jpg

こうして分解したブロックやヘッド等は高温のパーツ洗浄機で特殊液を
使い洗浄、微細な部分の奥に溜まったスラッジは洗浄後に拡大鏡を使い
目視で検査します。

エンジンブローによりインマニ内壁に突き刺る金属片などはエアブローだけでは取り除くことは出来ません、高温で徹底的に洗い検査します!

P1020506.jpgP1020501.jpgP1020502.jpg

細部まで洗浄された部品はメカニックが慎重にゲージを使い各部を測定します、また新品の部品も精密に測定、特に新品の部品は触診するなど「要注意」なのです、それぞれのパーツの適正を判断して慎重に組み立て前の準備を行います。

P1040618.jpgP1040607.jpgP1040608.jpg

エンジンの組み立て1に対し各パーツの前段階での準備は3〜4です、つまりパーツを選び
測定し、組み合わせる言わば見えない部分に時間を掛けているのです。
私達は「綺麗な指で」、「真心を込め」担当メカが心穏にエンジンを組み上げています。


Posted by吉澤



posted by Mechanic at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。