2012年01月31日

S2000中古車のリフレッシュ、こんなに交換して良いの?

RIMG0318.jpg

先日からブログUPしているS2000 USED CARですが室内のリフレッシュの経過報告です。

RIMG0319.JPGIMG_1566.jpgIMG_1571.jpg

ダッシュボードはナビの貼り付け跡やキズがあると気になります。自分的にも目立つ位置に妙なキズがあるのは嫌なので新品に交換しました。

作業はステアリング、スピードメーターなど全て外して行きます。
新オーナーさんが見る事は無いのですが、この個体は室内のステーやブラケットなどに錆が殆どありませんでした。結構錆びている事が多いんですが、、実はこの辺りの金属部分の錆が(涙)、、。

IMG_1526.JPGIMG_1527.JPGIMG_1528.JPG
IMG_1529.JPGIMG_1531.JPGRIMG0270.jpg

こちらはドア内側の防水ビニールですが、経年劣化により硬化してしまい雨水の浸入の原因になります。交換作業は新車ラインと同じ工程で水漏れ防止などに使われるブチルゴムを使い、見えない処もしっかり処理しますので、、安心。

これで雨水の浸入により室内がカビ臭くなってしまうことも無くなります。幌交換と併せオープンカーでも快適で清潔な室内が得られます。

RIMG0271.jpgRIMG0269.jpgIMG_1570.jpg

直接手に触れるステアリングやシフトノブ、カーペットも新品に交換。

製作する私達も完成が楽しみです。いわいる試乗が。


Posted by吉澤

posted by Mechanic at 18:13| Comment(0) | 中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

FD2 クラッチ交換などの整備

IMG_1398.jpg

走行90,000km超のFD2がクラッチ不良で入庫しました、試働させて点検するとハブベアリング、ハブ、ステアリング系はとても良い状態の感触でした、、

通常のクラッチ交換でもタイプワンでは先ず試乗してクルマ全体での駆動系の状態を把握します。
その結果このクルマの場合は非常に良い感じでした、ギヤボックスのシフトパターンの前側1、3、5と後ろ側2、4、6のストロークがほぼ同じ、また各シフトの重さ、渋さもほぼ同じでした。
日頃のオーナーの丁寧なシフト操作の賜物ですね(胡麻×2)

IMG_1389.jpg

作業は2階奥の2柱1号機で作業しました、ミッションを降ろす直前にリフト下から2階中2階を撮影して見ました、さてこれから作業をスタート。

リフトupして抜いたオイルの質や匂いはミッションの重要な判断材料です、いわゆるギヤの状態を観るのにはオイルを観ると大体が判ります、これはエンジンオイルでも同じですが駆動系オイルはエンジンと違い冷却もフィルターも装備されていないのでより過酷なのです。

IMG_1405.jpg

降ろした部品群、私達はこれら部品の特に可動部、摺動部、ベアリングなどを慎重に点検します、マウント類の状態はラバー部をコジって大きく動かして丁重に判断します。

IMG_1399.jpg

2階の作業場の今日のシーンです、一番奥のリフトで作業しました。
全ての作業に8時間+、掛かった費用は下記でした。


クラッチカバー                      ¥39,900
クラッチディスク                     ¥23,100
レリーズベアリング                   ¥14,700
純正部品一式(エンジンマウント、レリーズフォーク等)   ¥65,788
工賃(T/M脱着、クラッチ取付)            ¥71,400
工賃(マウント交換)                    ¥12,600
リジットカラー(フロント)                ¥18,900
代車費用                         ¥2,000
処分料                           ¥1,050

合計                            ¥249,438

Posted by吉澤

ラベル:FD2 クラッチ
posted by Mechanic at 11:37| Comment(0) | シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

S2000エンジンASSYで交換、載せ換え。

IMG_1387.jpg

昨日入庫した典型的なエンジンブローのS2000、走行は90,000km、
エンジンのダメージが深く何も使えません、一見すると使えそうなヘッドカバーやオイルパンも内部が焼けた熱でアルミ鋳肌がクモの巣状態です。

こんな場合の気になる費用は、
 ↓

S2000の場合で新品のエンジン    735,000円、2L,2.2Lは同価格です。
中古エンジンベースのOHエンジン  504,000円
中古エンジン                280,000円 使うエンジンはオイル消費が少ない実働エンジンで履歴の判る物。


どの場合でも脱着工賃は¥109,200円で共通です。

どんな修理の方法を選んでもタイプワンでは最善、最良を基本に、もちろん「低価格」も提案致します、安心して下さい。

IMG_1402.jpg

入庫したエンジンルームは一見綺麗ですが、、、でもメタルが溶けガソリン希釈したオイルは蒸発し、抜いたオイルは真黒にタール化、恐る恐るエンジンを掛けると酷く大きな打音が、、

IMG_1406.jpg

2階の2号機リフトにて作業を開始、現状でエンジンの状態が判断が出来たので先ずはサクサク降ろします。

IMG_1403.jpg

降ろした周辺パーツ群です、ペラシャが焼き付き駄目、これは予定外でした、交換が必要。
クラッチ、カバーも状態を慎重に吟味します。

次回はこの後でエンジン搭載し、エンジン始動、ラッピングと試運転、これら作業の修理時間と修理総額を紹介しますね。


Posted by吉澤
posted by Mechanic at 18:38| Comment(2) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

AP1 USED CAR 製作中です。

RIMG0227.jpg

先日ご紹介しました無事故車の初期型S2000をベースにタイプワンでのOHリフレッシュ作業フローを作業の途中でご報告致します。

タイプワンでは入庫したS2000は車検を受け、先ず十分に試乗を行ないながらスタッフが過去の事例や経験から整備の方向、内容を決めます。

IMG_1301.jpgP1040544.jpgIMG_1333.jpg

先ずは燃料タンクの錆、燃圧チェック、アライメントの測定、HIMを使いECU内のデーターチェック、ステアリングのセンター等を調べ、OHする内容を決めます。
その結果エンジンハーネス、電動パワステのECUをASSY交換、発電量からオルターネーター、音からセルモーターも良品に予防で交換しました。

実は先日紹介した赤Sもセル、オルタとも良品に交換しています。

P1040546.jpgRIMG0261.jpg

画像は外したスロットルですが、これ位の吹き返し量ですと、オイル消費は2000キロで1L程度でしょうか、、マフラー排出口はご覧の通りドライな状態です。
この状態でOHを施すのが理想的です。走行距離だけでは判断出来ないのがOHの適時で「高速巡航」での距離と「ラフな使用環境」では比較になりません。

IMG_1319.jpgIMG_1287.jpgIMG_1302.jpg

エンジンはブローバイ量からSPOONコンプリートエンジンに交換、トランスミッション、デフ、ドライブシャフト、プロペラシャフトの駆動系もOH品に交換、回転摺動部のハブ、ハブベアリング等も新品に交換、同時にリアサブフレーム、サスアームは後期型に全部を交換、これでブッシュも当然新品になります。

IMG_1311.jpgIMG_1314.jpgIMG_1322.jpg

エンジンマウント、トランスミッションマウント、デフマウント、ラジエターホースもSPOON製品に全部を交換します。

RIMG0262.jpgリジカラ1.jpgリジカラ2.jpg

フロントサス部にはガゼットプレートを取付け、リジカラももちろん装着しました。

P1040543.jpg

キャビン部はダッシュボードにナビ貼り跡が在るので新品に交換、幌は幌骨ごとKITを使い交換、幌が高速でバタバタしたり、水漏れが起きたりを嫌い幌骨ごと後期のガラスに交換します。

タイプワンでは10年先まで安心して乗れる、新車よりもバランスが良いS2000を目指し採算より真のお客様の満足をユーザー目線でクルマを製作しています。

インテRやシビック、NSXでも同様な作業は得意です、ベースのクルマ探しから製作まで本当の「TYPE-R]はお任せ下さい。

セル、オルタ、パワステECU、エンジンECU、燃料ポンプの5点は12年より販売する中古車には全て2年間を保証し「SPOONから保証書」を発行します。

P1040534.jpg

こちらは交換する部品です、「心配だ〜」、採算合うの?何て良く聞かれます、同業の方に(笑)

部品代だけで¥80万円〜オーバー、因みに外した部品は中古部品屋さんで再販しています。

ユーザー様で同様なリフレッシュやリビルトを検討されている方は部品だけの販売も行います。
下記アドレスまでご相談下さい。

sales@spoonsports.co.jp


Posted by吉澤

posted by Mechanic at 21:06| Comment(0) | 中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

AP1 used car 販売を開始しました。

IMG_1206.jpg
AP1-100 USED CAR

車両価格  sold 登録諸費用別途
初年度登録:平成11年式 AP1-100
走行距離:217,000km
車検: H25年12月27


今回ご紹介するクルマは真っ赤なボディカラーが嬉しいS2000です!

走行距離は21万キロですが、定期的にしっかりメンテナンスされ、エンジンはブローバイが少なく、駆動系も音、振動とも少なく理想的な中古車です、程度はとにかく良好な状態、充分に試乗しました、購入した後も安心です。

前オーナー様がとても大切に乗られていたのが良く感じる程度が良い無事故の個体です、水漏れ、カビ、匂いなど嫌な感じがありません。

今回は劣化していた幌は新品のガラス付きソフトトップに交換し、ヘッドライト、テールレンズを北米仕様に、フロントガゼットプレートを組み付け、もちろんリジカラも前後装着しました。

そして油脂類、液は全交換しました、抜いたオイルなどで前のメンテが判ります。

これら整備を施しこれから10年先まで普通に乗れる事を目的にメンテしました。

ボディは磨かれて間近で見てもピカピカ、本当に綺麗です!

なかなか稀少なフルノーマル完全オリジナルのS2000、そのままの状態を大切に乗られても、または自分好みの1台に、赤のS2000、完全ノーマルですが素が良いクルマです。


IMG_1206.jpgIMG_1205.jpgIMG_1204.jpg
IMG_1209.jpgIMG_1211.jpgIMG_1210.jpg
IMG_1224.jpgIMG_1228.jpgIMG_1225.jpg
IMG_1233.jpgIMG_1215.jpgIMG_1230.jpg

そしてこちらは現在作製中のS2000です ↓↓↓

IMG_1248.jpgIMG_1241.jpg

こちらはエンジン、ミッションをOH品に交換、新オーナーの註文で車両を製作すべく、準備中です。

赤いS2000はいつでも試乗可能、ご気軽にお問い合わせ下さい。

typeone@spoonsports.co.jpまでお願いします!


Posted by吉澤
ラベル:AP1 中古車 usedcar
posted by Mechanic at 18:58| Comment(0) | 中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。