2011年10月30日

S2000 USED CAR 入庫しました!

RIMGトップ.jpg

程度の良いS2000 USED CARをお探しのお客様に朗報です!

中古市場でも依然人気のS2000、初期モデルは発売から11年が経ち、程度の良い車両は少なくなってきましたが、今回、ベース車両として最適な車両が入庫しました。

RIMG0419.jpgRIMG.jpgRIMG0418.jpg

今回のベース車両は、平成11年式のAP1-100の前期モデルです。
画像の通りボディに艶もあり、走行距離は143000キロですが、フルノーマルの無事故車両です。

RIMG0425.jpgRIMG0424.jpgRIMG0426.jpg
RIMG0396.jpgRIMG0422.jpgRIMG0423.jpg

内装の状態も年式からは考えられないほど状態はいいです。
定期的に各部メンテナンスされて来たことが想像出来る車両ですが、試乗をしてみると、エンジン、ミッションを始め足回りに関しては距離相応に劣化が見られますので、リフレッシュして新車以上の
ポテンシャルを持つ車両に仕上げる予定です!

これから、エンジン、ミッション、デフを始め、サスペンションもリフレッシュし、更に外装も後期型のヘッドライト、テールレンズに交換の予定ですが、今ですと“エンジンは2.2Lにしたい”“LSDを入れたい”等、ご希望のメニューでの作製も可能です!

興味のある方はぜひ一度ご相談下さい!
03-3247-6601までご連絡お願い致します。

Posted by 吉澤
posted by Mechanic at 20:22| Comment(0) | 中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

NA1 ミッションオーバーホール

RIMG0320.jpg

今日はACURA NA1のお客様のご来店です。
特にミッションの入りが気になるという訳ではないのですが、走行11万キロを超え、クラッチ交換をする際にミッションを降ろすので、折角ならという事で、ミッションオーバーホールをする事になりました。

ACURA仕様は国内仕様とは2、3、4速のギア比が異なり、少しギア比が高いので高速巡航タイプとなります。
お客様はサーキット走行はせず、ストリートでの使用がメインで高速も良く使用する為、余裕のクルージングが出来るACURA仕様のギア比はそのままでいくことになりました。

RIMG0308.jpgフォーク.JPGRIMG0311.jpg

早速ミッションを降ろし各部をチェックすると、クラッチカバー、ディスクはさほどひどい状態ではなく、まだ使用可能なレベルでしたが、レリーズベアリングはグリスが切れ、手で回すと、ゴロゴロと少し引っ掛かる様な感触です。また、画像中央はレリーズフォークの新旧比較ですが、左側の新品に比べ外した旧いフォークは囲い部分を見ると、かなり磨耗し平らになってしまっています。
細かい所ですが、新品は少し湾曲しているのですが、ここが磨耗して平らになってしまうと、クラッチペダルを踏んだ時の微妙なフィーリングに影響します。
今回はお客様の希望で純正クラッチカバーに対応の社外フライホイルに交換し、カバー、ディスクは純正のセットで交換することになりました。

ギア.JPG無題.JPG

次は降ろしたミッションの中身ですが、こちらは想像していたよりも磨耗がひどく、画像はメインの4速ですが、矢印部のシンクロが噛み合う部分がかなり潰れてしまっています。
ギアの歯面に打跡や欠けがあると、異音の原因になりますので歯面の状態も大切ですが、直接ギアの入りに影響するのはここの部分です。
ですので、ギア側が潰れてしまっているということは、相手側のシンクロも画像の様に潰れてしまっています。
よくシンクロを変えれば大丈夫と言う話を聞きますが、余程のことが無い限り、ギアとシンクロはセットでの交換をお勧めします!

RIMG0297.jpgRIMG0406.jpgRIMG0410.jpg

続いて、バラしたパーツを入念に洗浄した後、メイン、カウンターシャフト、シフトフォーク、各ギア等を目視にてチェックします。
ただ、目視では見えない傷やクラックを見逃さない為に、画像の様に染色浸透探傷剤(赤色)という、読んで字の如くの、パーツにクラックがあるとそこに染み込み、現像液(白色)塗布後に赤色の浸透剤が染み出てくる、通称レッドチェックも行ないます。

オイルポンプ.JPGミッションOH3.jpgRIMG03081.jpg

NSXのミッションにはトロコイド式のオイルポンプがあり、画像左の囲み部分はその駆動の為のギアです。多くのミッションがギア自体の回転で、ミッションオイルを各部に回す方式ですが、NSXはこのポンプにより強制潤滑する仕組みです。さすがにパワーのあるNSXならではの仕組みですね!
外したポンプにも傷が入ってしまっていたので、新品に交換しました。

今回は、ギア、シンクロ共に全て新品に交換したので、メインシャフト、カウンターシャフトに組み込んだ後に各ギア間、メインスラスト方向クリアランスをすべて再調整してケースに組み込み、オーバーホール完了です!


早速、試乗をしてみると、オーバーホール前に比べ、ギアが入る瞬間のしっかり感が蘇り、新品ギア、シンクロの多少の渋さはあるもののシフトチェンジはスムーズです!
しばらく走ると新品の渋さは無くなりますので、これからも高速クルージングを楽しんで下さいね!


今回掛かった費用は、

純正部品一式           ¥263,959
工賃(T/M脱着、クラッチ交換)   ¥88,200
工賃(T/M オーバーホール)    ¥75,600

合計               ¥427,759


作業のご依頼有難うございました。

Posted by 吉澤
posted by Mechanic at 21:35| Comment(0) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

GE8フィット ツインブロックキャリパー装着

IMG_8154.jpg

今日は、GE8フィットのお客様のご来店です。
純正のブレーキの効き、フィーリングに若干の不満があり、最近17インチの社外ホイルに交換して、純正のキャリパーでは見た目にも寂しいということで、性能、ルックス共にグレードアップする為に、ツインブロックキャリーパーを装着することになりました。

IMG_8129.JPGIMG_8126.JPGIMG_8120.JPG

GE8にツインブロックキャリパーを装着するには、15インチローター、シビックTYPE R EK9用のブレーキパッド、そして3mmインナースペーサーが必要になります。
ツインブロックキャリパーに交換することで、純正キャリパーに比べ左右で約3kgの軽量化になり、異型4POTにより、微妙なコントロールも可能になります。
バネ下の軽量化は制動性能の向上はもちろん、サスペンションの追従性も上がり、燃費にも貢献しますので、サーキットでのハードな使用だけでなく、ストリートユースにおいてもその効果を充分に発揮します。


無題.JPGIMG_8129.JPGIMG_8144.jpg

純正のキャリパー、ローターを外し、ツインブロックキャリパーを仮で組み付け、バックプレートの干渉する部分をエアソー等でカットします。
画像中央の様に、ハブと、ローターの間に3mmスペーサーを挟むことで、キャリパーに対してローターのセンターを出し、最後にブレーキホースのオイルボルトに現像液をかけてエア抜きをし、ブレーキフルードの漏れや滲みの無い事を確認して、キャリパー装着完成です!

IMG_8152.jpg

今回装着したホイルはRAYS FORGED G7 17インチ7J+42でスペーサー無しでキャリパーに干渉することも無く、無事に装着できました!
フェンダーからのはみ出しも無く、車検もぎりぎりOKです。

粗めのスポークからチラリと見えるキャリパーがインパクトバッチリですね!
純正のキャリパーと比較して格段に余裕のあるブレーキ性能を存分に味わって下さい!!

作業のご依頼、有難うございました。


今回はキャリパーとホイルの干渉が無かったので、問題ありませんが、装着するホイルにより、5mm以上のスペーサーが必要な場合には、ホイルナットの噛み込みが浅くなってしまう為、ロングハブボルトに打ち替える対策が必要になりますので、その際はご相談下さい。


今回のキャリパー装着に掛かった費用は、

ツインブロックキャリパーセット         ¥134,400
15インチブレーキローター(2枚)        ¥31,500
 (45251-4H1014)
ブレーキパッド(EK9用フロント)        ¥23,100
インナースペーサー(3mm)           ¥6,300
ブレーキフルード(ストリート用)       ¥1,890
工賃(キャリパー、ローター、パッド交換)  ¥29,400

合計                       ¥226,590


Posted by 吉澤
posted by Mechanic at 18:02| Comment(2) | フィット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

CL7フルリフレッシュ

RIMG0284.jpg


今日は静岡県よりCL7のお客様のご来店です。
最近、走行距離も12万キロを超えたことから、エンジンのパワーが落ちてきた様な感じで、サスペンション関係も、操作に対して反応がワンテンポ遅れるような状態になってしまったとのことで、エンジンを中心にミッションオーバーホール、クラッチ、サスペンションブッシュ等、各部リフレッシュすることになりました。


DSCF0066.JPGDSCF0071.JPGDSCF0072.JPG

早速エンジンを下ろし、ばらして見ましたが、カーボンの堆積がやや多いものの、メタルの焼き付きや致命的な傷は無く、距離相応といったところでしょうか。

DSCF0068.JPGP1190093.JPGP1190096.JPG

画像左はCL7に搭載されているバランサーシャフト付きのオイルポンプですが、今回は、お客様のご希望でバランサーシャフトを除去し、バランサーシャフト無しのFD2用オイルポンプに交換です。

このバランサーシャフトとは、エンジン内で発生する振動を打ち消す為のシャフトで、静粛性とスムーズさの向上を目的に、主に排気量2L以上の快適性を重視する車両に搭載されますが、重量もその分増し、スポーツ走行には向いていません。
CL7で、エンジンオーバーホールを検討していて、もう少しレスポンスの良いエンジンにしたい方にはお勧めのメニューです。

今回はバッフルオイルパンも装着し、サーキットでも安心ですね!

IMG_8254.JPGIMG_8288.JPGIMG_8258.JPG

左の画像は外したクラッチディスクですが、残り溝も浅くなり、もう少しで滑り出す寸前の状態でした。
また画像中央のレリーズベアリングもディスクが磨り減った粉塵が積もり、グリスも切れ、スムーズに可動しなくなっていました。
急にペダルが重くなってしまった、という場合は他の原因が考えられますが、気が付いたら、クラッチペダルが重くなっていたという症状の場合、大抵はこのレリーズベアリング可動部の不具合です。

新品のレリーズベアリングを取り付ける際には、ミッションケース側のガイド部の状態もよくチェックし、傷や変磨耗が無いことを確認してから組み付けます。
今回はフライホイールもCL7純正より2kgほど軽量なFD2用を装着し、更なるレスポンスアップを狙います!

IMG_8300.JPGIMG_8301.JPG無題スタビ.JPG

続いて、サスペンションブッシュです。
こちらもブッシュ部には亀裂が入り、タイロッドエンドのブーツも、もう少しで切れてしまいそうな状態で、若干ですが、ガタつきも発生していました。さすがにこの状態では、路面からの入力に対する反応も曖昧になってしまいますね・・・


IMG_8298.jpgIMG_8271.jpgIMG_8276.jpg

全てのアーム、ハブ、ハブベアリングを新品に交換し、ドライブシャフトもオーバーホールして、更にリジットカラーの装着でサスペンション各パーツの性能を引き出します!

最後にひと回り試乗をして新品のサスペンションを車体に馴染ませてから、アライメントを調整し、リフレッシュ完了です!!


アライメント調整後、試乗をしてみると、作業前に比べてエンジンは回転を上げなくても力強くスムーズに加速していく感じで、バランサーシャフト除去、そしてフライホイール軽量化により、程よくレスポンスもアップしています!
サスペンションに関しては、全体的にシャキっとした感じが蘇り、リジカラ効果も相まって、ステアリングの切り始めや、ブレーキング時に、ダンパーが滑らかにストロークしているのが分かるようになりました!


これでまた楽しいドライブに行けますね!!



今回、掛かった費用は、


K20AエンジンOH(バランサー除去)     ¥399,000
バッフルオイルパン(FD2用)         ¥48,300
T/M OH                      ¥16,8000
ドライブシャフトOH               ¥75,600
ECU                         ¥84,000
リジットカラー(フロント)            ¥18,900
リジットカラー(リヤ)                 ¥18,900
レーシングプラグ(4本)           ¥10,080
シリンダーASSY,クラッチマスター      ¥8,663
シリンダーASSY,クラッチスレーブ      ¥5,618
エンジンオイル                 ¥6,825
T/Mオイル                     ¥9,702
エンジンショートパーツ              ¥73,675
サスペンションアーム、ハブ、一式      ¥274,368
工賃(エンジン脱着)              ¥100,800
工賃(サスペンション一式リフレッシュ)   ¥126,000
工賃(リジットカラー取り付け)        ¥8,400
工賃(クラッチマスター、スレーブ交換)   ¥12,600
工賃(ECU書き換え)              ¥4,200

合計                     ¥1,453,631


Posted by 吉澤
posted by Mechanic at 23:17| Comment(0) | アコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

S2000エンジンオーバーホール

IMG_8165.jpg

今日は遙々、九州より片道1000キロ!!もの長距離ドライブで、S2000のお客様のご来店です。

Kさん、いつも遠くからご来店頂き、本当に有難うございます。
いつもピカピカのボディから、お車への愛着がひしひしと伝わって来ます!


以前にも、ミッションオーバーホール、デフオーバーホール作業をご依頼頂きましたが、今回は走行距離も16万キロを越え、エンジンオイルの消費も増えて来た為、今後も長く乗りたいとの事で、エンジンのオーバーホールをする事になりました。

DSCF0016.jpg無題.JPGDSCF0074.JPG


早速エンジンを下ろして、16万キロ走行のエンジンの中身のチェックです。
ヘッドカバーを外すと、とても16万キロとは思えない程スラッジの量も少なめで、定期的にしっかりオイル交換をされて来た事が分かります。

シリンダーヘッドを外して見ると、画像中央の囲み部分に若干ですが、オイルで湿った様な跡が残っていました。
さすがに走行距離からも、常に高温に曝されるバルブとバルブガイドのクリアランス拡大で、バルブが振られ、劣化したステムシールからバルブを伝って徐々にオイルが漏れ出すオイル下がりの症状が出たものと思われます。
画像右側はシリンダーブロックの壁面です。こちらも一見すると綺麗に見えますが、細い縦傷が入っているのが確認出来ます。
使用状況により、一概に走行距離では判断出来ませんが、こうなるとオーバーホールするしかないでしょう。

IMG_8082.jpgIMG_8083.jpg

NEWエンジンを積む前に、タイプワンでは外した補機のチェック、洗浄を入念に行ないます。
画像左はインテークマニホールドのシリンダーヘッドへの取付け面ですが、この面にも指で触ると引っ掛かる程のバリが多数ありますので、少しでも吸入抵抗を減らす為にバリを取り除きます。

DSC01329.jpgDSC01334.jpg

今回はお客様の希望で、せっかくオーバーホールするならということで、2.2L化することになりました。
ダミーヘッドを使用し、精密なボーリングを施したシリンダーブロックに、各部バランス取りをしたパーツを担当メカニックが真心こめて組み上げます。

IMG_8159.jpgIMG_8186.jpgIMG_8189.jpg

その他、各パーツの状態をチェックし、今回はレーシングプラグ、フライホイル、また走行距離の多い車両でよく発生するイグニッションコイル不良によるトラブルを避ける為、念の為イグニッションコイルも新品に交換し、作業完了です!

たまたま、お客様が連休が取れたとの事で、納車後、慣らし運転で大阪まで観光に行き、1泊してその足でタイプワンまで往復1000キロ走行。僅か1日で最初のオイル交換です!
抜いたオイルの状態に異常も無く、各部チェックも完了し、早くも1000キロ点検が終了しました!!

またもロングドライブでのご帰宅後、2000キロ走行後のお客様のインプレッションは・・・

「S2000のエンジンですが非常に良い感じです。
6000rpmくらい回すだけでもかなり力強く加速し凄いですね。
V-TECに入った時の加速は別物ですね!!
回転もスムーズでトルクも有るのでとても乗りやすいです。
燃費も4000rpmの慣らし中で1L、13kmでした。
今回のE/Gオーバーホール有難う御座いました。」


早速のインプレッション、有難うございます。
2.2Lエンジンの低回転からトルクのあるフィーリングを体感して頂けた様で、こちらとしましても嬉しい限りです!
慣らしが終わるのが楽しみですね!

今回は遠方より有難うございました。



今回のエンジンオーバーホールに掛かった費用は、

F20CエンジンOH   ¥504000 
2.2Lキット         ¥105000
エンジンショートパーツ   ¥27575
エンジンオイル       ¥7508
テンショナーASSY、オート  ¥9398 
ポンプセット、ウォーター  ¥10028
レーシングプラグ(4本)   ¥10080
イグニッションコイルCOMP ¥33812
フライホイル         ¥44100
ECU(2.2L仕様)       ¥84000
工賃(エンジン脱着)     ¥109200

合計             ¥944701
1週間お預かりでの作業でした。

Posted by 吉澤
posted by Mechanic at 19:59| Comment(0) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。