2011年06月27日

お取り付け工賃改定のお知らせ

7月1日(金)より、弊社「TYPE-ONE」のお取り付け工賃の改定を致します。
今までより更にリーズナブルな価格設定となりました!!
是非ご利用下さい。

【リジットカラー改定工賃金額】 ※表示価格は消費税込み

<フロント取付工賃>
・¥21,000 → ¥16,800
<リア取付工賃>
・独立懸架 ¥16,800 → ¥12,600
・トレーリングアーム+アッパーアーム ¥16,800 → ¥12,600
・トレーリングアームのみ ¥5,880
・固定軸タイプ ¥5,880

<軽自動車>
・フロント ¥21,000 → ¥12,600

※S2000・NSX等お取り付け時間のかかる車種につきましては別途お問い合わせ下さい。

【お知らせ】
お買い求め頂いた商品に「リジカラグリス」を同梱させて頂く事となりました!!
・リジットカラーグリス 内容量17g

6-27-1.jpg

0627-2.jpg

続々とラインナップを増やしているリジカラを、これからも宜しくお願い致します!!

ラベル:リジカラ 工賃
posted by Mechanic at 16:25| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

NA2 リジカラお取付け

NSX1.jpg

今日はNSX NA2のお客様です。

走行距離96,000km、約15年を経過しているとは思えないほど各部が綺麗でメンテナンスが行き届いている印象。
大事に乗られているのがしみじみと伝わってくるクルマでしたが、
オーナー曰く、最近、サスペンション廻りの劣化が気になり始め、まずはリジットカラーの装着とダンパーを交換してNSX本来のドライビングフィールを復活させたいとのことでした。

リジカラフロント.jpgリジカラリア.jpgリジカラR.jpg

NSXのサブフレームは通常の車種よりも締結ポイントが多い為、前後で16箇所、合計20個ものカラーが装着できるので、その効果は顕著に感じることができます。
装着箇所が多いので、取り付けにはちょっとしたコツが必要ですが、サブフレームを水平に上下しながら、慎重にカラーを装着していきます。

スポーツサス.jpg

そして最後に先日リリースされたばかりのmoduloスポーツサスペンションを装着して作業完了。

作業前はダンパーとブッシュの劣化のせいか、路面に対しての追従性と収束感が悪かったのですが、作業後は明らかにしなやかなストローク感とステアリング応答性が良くなった感触。街乗りでの乗り心地もとても良く、サスペンションブッシュの劣化を忘れさせるほどのフィーリングとなりました!

これでまたさらにNSXへの愛着が強くなりましたね!!
これからも末永くNSXドライビングを楽しんで下さい!
有難う御座いました。

今回の費用は

サブフレームリジットカラー     ¥24,150
取付工賃(アライメント込み)     ¥75,600
moduloサスペンション       ¥291,900
取付工賃              ¥33,600
合計                ¥425,250

Posted by 原
posted by Mechanic at 18:05| Comment(0) | NSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

オデッセイRB1&インテグラDC2 バルブクリアランス調整

RB1&DC2.jpg

今日はオデッセイRB1とインテグラDC2のお客様がご来店です。

二台とも走行距離が12万キロに達し、エンジンOHも考えているけど、その前にバルブクリアランス調整で少しでもエンジンのフィーリングが良くなれば・・・との事でした。

開店と同時に入庫し、まずは2台共エンジンを冷却し、午後2時くらいから作業を開始です。

まずはオデッセイ。

RB1 1.jpgカウルトップはずし.jpgRB1 4.jpg

写真のようにオデッセイのK24Aはヘッドカバーを開ける為には、エンジンカバー、レゾネーターチャンバー、カウルトップを外し、ブレーキリザーブタンクをずらしてから行ないます。
12万キロ走行しているだけありヘッドカバーからのオイルにじみも有り、バルブクリアランスはインテーク、エキゾースト共に標準値より5/100mmほど広がっていました。全て均等に適正値に調整を行い、ヘッドカバーパッキンは新品に交換して作業終了。

次はインテグラDC2です。

DC2 1.jpgDC2 2.jpgDC2 3 .jpg

今までエンジンオイルはこまめに交換してきたというオーナー。
ヘッドカバーを開けてみると、とても12万キロ走行していると思えないほど、状態は綺麗でしたが、バルブクリアランスはやはりオデッセイと同様に広がっていました。

こうして夕方には2台共、作業完了。

その夜、早速オデッセイのオーナーからインプレが・・・

「作業前は高回転でのメカニカルノイズが大きく、気になっていたのですが、バルブクリアランス調整後はその音が明らかに少なくなり、エンジンの回転が軽くなりました。バルブクリアランス調整だけでこれだけ効果が有るのなら、逆にエンジンOHを早くしたくなりました。エンジンOHの見積もりをお願いします。」とのありがたいお言葉をいただきました!

ぜひ今度はエンジンOH、精密組み立てを施し、新車以上にエンジンフィールを甦らせましょう!!
有難う御座いました!!

●オデッセイ RB1
バルブクリアランス調整    ¥29,400
ヘッドカバーパッキン     ¥ 2,772
合計             ¥32,172

●インテグラ DC2
バルブクリアランス調整    ¥21,000
ヘッドカバーパッキン     ¥ 4,284
合計             ¥25,284

Posted by 原
ラベル:RB1 K24A DC2 B18C
posted by Mechanic at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

EK9 エンジン換装

EK9.jpg

今日はEK9シビックが積載車にて搬送されてきました。

富士スピードウェイを中心にサーキット走行をされているというお客様でしたが、先日走行中にエンジンがばらつき、ストップしてしまったとのことでした。

エンジンブロー6.jpg

入庫後調べてみるとセルモーターは回らず、プラグをチェックしてみると写真上のように4番シリンダーのプラグが破損していた為、エンジンブローと判断。エンジンを載せ代えることになりました。

エンジンブロー2.jpgエンジンブロー1.jpgエンジンブロー3.jpg

エンジンを下ろしてバラしてみると、4番のバルブが落ち、ピストンも激しく破損をしているのが分かります。バルブが落ちたのは4番シリンダーのみですが、その他の気筒も破片を吸い込み、全ての気筒が傷だらけになっているのが分かります。これは破損した破片が一度インマニのサージタンクに吹き返され、それがまた他の気筒に吸気されるためです。

エキマニ1.jpgインマニ1.jpgインマニ2.jpg

写真左はエキマニのポート。エンジンブローをすると当然エキゾーストに破片が吐き出されますが、写真中央、右のようにインテークマニホールドにも破片が吹き返され、さらにはエアクリーナーまで戻っていることがあります。
そのためエンジンブローし、エンジンを載せ代える時はエアクリーナーからインテークマニホールドまでも十分な洗浄が必要です。これを怠ると・・・せっかくのNEWエンジンもすぐにブローなんてことが起り得るのです。

触媒1.jpg触媒2.jpg


写真は触媒です。触媒にも破片が詰まっていますので、そのままでは排気効率が悪くなってしまいます。目詰まりが無いようにエアブローを入念に行い、取り除きましょう。

補機洗浄.jpg水冷式オイルクーラー1.jpg水冷式オイルクーラー2.jpg

補機類を全て入念に洗浄しNEWエンジンに移植するのですが、ブローのときに再利用が出来ないパーツが有ります。写真中央の水冷式オイルクーラーです。オイルフィルターの根本に位置するのですが、この内部(コア)に破片が入ってしまうと洗浄しても取り除くのが困難なため、新品に交換します。

補機移し1.jpg補機移し3.jpg補機移し2.jpg

写真はウォーターラインのジョイントをシリンダーブロックに装着しているところですが、水漏れ防止のためにねじロック剤を塗布し、ねじ込みます。

スプールパッキン1.jpgスプールパッキン2.jpgスプール面出し.jpg

そしてB型エンジンでよくあるトラブルがスプールバルブからのオイル漏れです。エンジンOH等で外すことが有れば写真左、中央のパッキンは必ず交換しましょう。
さらにタイプワンではスプールバルブ自体のパッキン面をオイルストーンで面出しを行い(写真右)、装着することでオイルにじみを防ぎます。

NEWエンジン1.jpgNEWエンジン2.jpgNEWエンジン3.jpg

今回、お客様の要望で、搭載するエンジンはB16B 1800エンジンです。ピストン、コンロッド、クランクシャフトをDC2のB18C用を流用し、ストロークアップで1.8L化となりました。
同時に1800専用SPOONスポーツコンピューターを装着で低回転からトルクフルなエンジンとなり、街乗りでは扱いやすく、サーキットではタイムアップ間違い無しです!

換装後、約2000kmの慣らし走行を経て、全開走行可能となりますので、サーキット走行復活を楽しみにしていてくださいね!!

今回のエンジン換装に掛かった費用は下記の様になりました。

B16B 1800 エンジン             ¥399,000
エンジンベース代(エンジンブローの為)     ¥315,000
エンジン脱着、洗浄工賃             ¥126,000
エンジンオイル MOTUL H-TECH 5W-30     ¥ 5,670
エンジン補機ショートパーツ           ¥ 42,231
ECU(1800仕様)                ¥ 84,000
レーシングプラグ                ¥ 10,080
合計                      ¥981,981

入庫後、1週間での作業でした。
有難う御座いました。

Posted by 原
posted by Mechanic at 21:20| Comment(2) | シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

AP1-100~110系           リアガラス付きソフトトップキット

ソフトトップ.jpg


AP1-100~110用のリアガラス付きソフトトップキットのご案内です。



リアガラス付きソフトトップキット(ブラックのみ)
品番:06695-S2A-010
販売価格:¥180,096



●ご注文の際は車体番号をお知らせ下さい。

●未開封、完全新品。全国発送可能、送料は含まれます(海外、離島は別途)
●梱包箱は巨大、重量も25Kg程度あるので、取り付け工場宛てに直送をお勧めします。

ソフトトップキット1.jpgキット2.jpg取説.jpg

キットの幌はフレームに組みつけられたASSY(写真左)ですので丸ごと交換するだけでOK。あとはデフロスタ、スイッチ、配線(写真中央)、純正取付説明書も付属しています。


ソフトトップ交換関連ブログは下記を参照下さい。

http://spoon-mechanic.seesaa.net/article/146172266.html
http://spoon-mechanic.seesaa.net/article/192800558.html

お問い合わせは下記の専用メールアドレスへお願い致します。
 [sales@spoonsports.co.jp] 

posted by Mechanic at 09:27| Comment(0) | キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。