2011年05月29日

S2000 エンジンOH F20C 2.2L

AP1エンジン.jpg

前回の続きで、もう一台のS2000のお客様。

ご夫婦でS2000のドライビングを楽しんでいらっしゃるようですが、「最近エンジンオイルの消費が多く、回転を上げるとマフラーから白煙が出るのでOHを考えている。街乗りや通勤でも使用するのでどうせOHするなら低回転からトルクがあり扱いやすい2.2Lにしたい。」とのことでした。

作業前に試乗チェックをしてみると6000rpm以上でやはり白煙が出ているのがわかりました。走行距離114,300kmとあって相応にエンジンもお疲れのようです。

ということで、

下ろしたエンジン1.jpg下ろしたエンジン2.jpg下ろしたエンジン5.jpg

まずはエンジンを下ろし、分解してみます。
ヘッドカバーを開け、シリンダーヘッド内部を見てみると、距離の割にはスラッジも少なく、オイル交換もこまめにされていたと想像できます。ただ、写真右のカムシャフトに一部錆が浮いています。特に走行上は問題有りませんが、もしかすると長期でエンジンをかけなかった時期があったのかもしれません。特に冬場しばらく乗らない時は時々エンジンを完全に温まるまでかけると良いでしょう。

下ろしたエンジン5.jpg下ろしたエンジンシリンダー.jpgプラグ.jpg

写真左はエキゾーストポートですが、カーボンが積もりに積もっています。ピストントップやプラグを見てもオイル消費が多かったのがうかがえます。プラグの電極に付着している白い粒はオイルの燃えた跡です。

レリーズフォーク1.jpgレリーズフォーク2.jpgレリーズガイド1.jpg

次はクラッチレリーズフォーク、ベアリングです。
クラッチは前回交換してからまだ3万キロしか走行されていないようでしたが、クラッチペダルを踏んで離すとペダルの戻りに引っ掛かりが有りました。
写真左・中央を見てみるとレリーズフォークの磨耗がかなり進んでいます。恐らく前回のクラッチ交換時にはこのフォークは交換されていなかったのでしょう。
写真右はレリーズベアリングガイド。このガイドをレリーズベアリングがスライドしてクラッチが切れるのですが、この矢印部にダストとグリスが溜まってしまうとクラッチの動きがスムーズでは無くなってしまいます。
ミッション脱着時は必ずこの部分を綺麗に清掃しましょう。

ピストンリング合い口1.jpgピストンリング合い口2.jpgピストンリング合い口3.jpg

写真は今回搭載するF20C 2.2Lエンジンを組みつけているところです。
2.2Lに排気量はアップされますがシリンダーブロックはSTDのF20C用を使用します。ピストンは0.25mmオーバーサイズを使用するため、シリンダーはピストンに合わせてボーリングされます。
写真上はそのボーリングされたシリンダーでピストンリングの合い口を測定しているところです。

NEWエンジン1.jpgNEWエンジン2.jpgNEWエンジン3.jpg

ピストントップに書いてあるいくつかの数字は重量です。ピストン、ピストンピン、コンロッドの重量を全気筒1/100グラムまで合わせます。
写真右はF20C用バッフルオイルパンです。オーナー夫妻はお二人ともサーキット走行をされるとのことですので必須アイテムのバッフルオイルパンを装着です。

サーモスタット.jpgサーモスイッチ2.jpgサーもスイッチ.jpg

スロットル.jpgエンジンミッションマウント.jpgリジカラ2.jpg

その他サーキットを気持ちよく走れるようにとの要望もありましたので、ローテンプサーモスタット、ローテンプサーモスイッチ追加で走行時の水温上昇によるエンジン補正を抑え、エンジンのポテンシャルを最大限に引き出します。
ベンチュリービックスロットル、エンジンミッションマウントセット、リジカラも装着で作業完了!

今回の掛かった費用は下記のようになりました。

F20CエンジンOH                     ¥504,000
2.2Lキット                       ¥105,000
バッフルオイルパン                    ¥ 48,300
エンジンショートパーツ                  ¥ 28,448
ECU(2.2L仕様)                    ¥ 84,000
工賃(エンジン脱着)                   ¥109,200
エンジンオイル MOTUL H-TECH 5W-30 ¥ 6,930
エンジンミッションマウントセット             ¥ 42,000
ベンチュリービックスロットル               ¥ 33,600
サーモスタット                      ¥ 7,140
サーモスイッチ                      ¥ 4,725
レリーズベアリング                    ¥ 14,700
レーシングプラグ4本                   ¥ 10,080
サブフレームリジットカラー                ¥ 18,900
工賃(リジットカラー取り付け、アライメント)       ¥ 33,600

合計                          ¥1,050,623

一週間お預かりでの作業となりました。

記念に1.jpg記念に2.jpg記念に3.jpg

最後に「おろしたエンジンの処分するパーツは家に飾りたいので、持ち帰りたい」とのご要望がありましたので、ピストン、バルブ、メタルなどをご用意、そして今回の作業中の写真もCD-Rに焼いてプレゼントです!

慣らし運転が終わったらエンジンオイルの交換でご来店くださいね!エンジン周りなどもそのときに点検させて頂きます!
ありがとう御座いました。

Posted by 原
posted by Mechanic at 15:48| Comment(0) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

S2000 エンジンOH

S2000エンジンOH.jpg

今週は2台のS2000のお客様がエンジンOHで入庫されました。

まずは愛知県からシルバーのS2000のお客様。エンジンの排気量は変えずに2Lのオーバーホールです。
走行距離は168,000km。「最近、このS2000を家族から譲り受けたが、距離が距離なのでメンテナンスの必要な箇所を割り出して、優先順位を付けてリフレッシュを行ないたい」との事でした。

いつものように入庫後、お客様と一緒に試乗チェックし、作業メニューを決めさせていただきました。

まずはエンジンOH。
作業前の試乗では中、低速トルクが特に細くなっており、距離相応にパワーも落ちているようでした。

下ろしたエンジン1.jpg下ろしたエンジン2.jpg下ろしたエンジン3.jpg

写真は下ろしたエンジンの内部の写真です。
ヘッドカバー(写真左)を開け、シリンダーヘッド内を見てみるとスラッジが溜まっています。16万キロ走行すれば仕方が無いことですが、NEWエンジンを搭載したらもう少しオイル交換のサイクルを早めにすれば、スラッジの蓄積も減少するでしょう。

旧クラッチディスク.jpg旧クラッチカバー.jpg旧フライホイール.jpg

次は外したクラッチ・フライホイールです。今までに1回だけ交換されているようですが、作業前はクラッチペダルが重くなっており、ディスク、カバーも磨耗が見られました。

STDクラッチディスク.jpgSTDクラッチカバー.jpgSPOONフライホイール.jpg

今回はクラッチディスク、クラッチカバーは純正新品、フライホイールはSPOON製軽量フライホイールとなりました。NEWエンジン+フライホイール軽量化で切れの良いレスポンスと軽快な吹け上がりを味わう事が出来ますね!

NEWエンジン2.jpgNEWエンジン3.jpgポート.jpg

今回搭載するエンジンはF20C 2Lオーバーサイズエンジン。
SPOONエンジン室にて精密に加工、バランス取りを施した部品を組み込みます。写真右のようにエキゾーストポートもエキマニガスケットにピッタリ合う様に研磨し、磨き上げる事で排気効率を最大限に高めます。

リジカラ1.jpgリジカラ2.jpgリジカラ3.jpg

最後にリジカラを装着して作業完了!
作業前の試乗ではちょっとした路面のギャップでもゴツンドシンといったフィーリングでサスペンションブッシュの劣化が感じられましたが、今回はあえてブッシュ交換はせずにリジカラのみ装着をして少しでもサスペンションのしなやかな動きを取り戻したいとの事でした。

作業完了後、いつものごとくエンジンの慣らし走行を兼ねて試乗チェック。
やはり低速トルクが太くなり発進も楽になりました。サスペンションフィールも作業前に比べて、路面の段差を乗り越えても突き上げ感が少なくなり、角が取れたようなマイルドな感触となりました!

まずは慣らし走行ですが、全開走行を出来る日を楽しみにしていてくださいね!!

今回の掛かった費用は下記の様になります。

F20C 2LエンジンOH              ¥504,000
エンジン補機ショートパーツ           ¥ 35,747
フライホイール                ¥ 44,100
エンジンミッションマウントセット        ¥ 42,000
エアクリーナー                 ¥ 9,450
レーシングプラグ4本               ¥ 10,080
クラッチ純正一式                ¥ 52,280
エンジンオイル MOTUL H-TECH 5W-30      ¥ 6,930
ミッションオイル MOTUL TYPEU75W-90     ¥ 6,615
工賃(エンジン換装)              ¥109,200 
サブフレームリジットカラー           ¥ 18,900
工賃(リジカラ取付、アライメント)       ¥ 33,600

合計                      ¥872,902

お車の入庫日に合わせてあらかじめエンジンを作製させていただきましたので、1週間お預かりでの作業でした。
有難う御座いました。

Posted by 原

次回はもう1台のS2000エンジンOH 2.2Lバージョンです!!
posted by Mechanic at 19:12| Comment(0) | S2000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

ZF1 ハイカムシャフト

ZF1ハイカム.jpg

今日は福島県からCR-Zのお客様がご来店です。

「ハイカムシャフトキットが発売されてから、いつかは自分の車にも導入したいと思っていた。」との事で朝一番にご来店頂きました!

ハイカム1.jpgハイカム2.jpgハイカム3.jpg

いつものごとく、エンジンを冷却しながらノーマルのカム、ロッカーアームを外し、ハイカムキットに交換です。ハイカムへの交換時間は実質3時間くらい。その間にエンジンも常温まで冷却され、バルブクリアランスを適正値に調整して交換が完了します。

プラグ.jpgスロットル.jpgエアクリ.jpg

写真左はプラグです。左側がCR-ZのSTDプラグでNGK6番ですが、スポーツ走行を楽しむ車両の熱価としては低い為、全開走行では白く焼けすぎてしまいます。そこで今回はSPOONレーシングプラグを導入、NGK8番相当となりました。
またCR-Zユーザーの中では今一番人気の高いベンチュリービックスロットルに交換で、ハイカム+ECU導入でのエンジンパワー&レスポンスをさらに引き上げます。
そして先日リリースされたエアクリーナーに交換で吸気効率アップです!

リジカラF1.jpgリジカラF2.jpgリジカラR2.jpg

最後にホンダ車以外でも定番となっているサブフレームリジットカラー前後を装着です。
写真中央のようにフロントは片側3箇所(合計6箇所)にカラーを装着、リアは写真右矢印のトーションビーム取付部にカラーを装着します。

このトーションビーム式(車軸式)のリア用カラーも多くの方に装着して頂きましたが、前後バランスも良くなり、高速道でも安定してスポーティーな乗り味になったと言うご意見を多数頂いております。

今回、エンジン、吸気、リジカラとトータルで手を加えたことでクルマ全体のフィーリングがバランス良く向上したと思います。これからもCR-Zドライビングを存分にお楽しみ下さい!!

今回の掛かった費用は

ハイカムシャフトキット(工賃込み)          ¥168,000
ベンチュリービックスロットル             ¥ 39,900
サブフレームリジットカラー(フロント)        ¥ 18,900
サブフレームリジットカラー(リア)          ¥ 5,880
工賃(リジカラ前後取付)               ¥ 22,600
レーシングプラグ                   ¥ 10,080
エアクリーナー                    ¥ 4,725
合計                         ¥270,165

朝一番のご入庫で、夕方のご返却となりました。

有難う御座いました!
今度ぜひ感想を聞かせてくださいね!!

Posted by 原
posted by Mechanic at 20:58| Comment(0) | CR-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

EK9 ちょっとした加工で・・・

EK9 1.jpg

今日は北海道からEK9のお客様がご来店です。
遠方からのご来店、誠に有難う御座います。

トータル走行距離はもうすぐ200,000kmに達しますが、普段ジムカーナやサーキット走行でまだまだ好調を維持しているEK9タイプRです。今回「ジムカーナで走行中にステアリングの切り返しが重くなる事があるので対策をしたい。」との事でした。

EK9のパワステがジムカーナ中に重くなることはご存知の方が多いかもしれませんが、これはパワステポンプのオリフィスを小加工することで改善されます。

今回、走行距離が200,000kmという事もあり、パワステポンプは新品に交換し加工を施すことになりました。

パワステポンプ0.jpgパワステポンプNEW.jpgパワステポンプ1.jpg

写真左がパワステポンプですが、今回は新品を加工して装着します。
その加工とは写真右の高圧配管を外すとポンプ室とつながる2.5mmほどのオリフィスがあるのですが、そのオリフィスを3.4mmに拡大します。

ポンプ加工1.jpgパワステポンプ分解.jpgポンプ加工2.jpg

写真左の矢印の孔がそのオリフィスです。ドリルで拡大する為、ポンプをばらした状態で加工を行ないます。
後は元通りに組み付けて加工は完了です。

オリフィスを広げパワステフルードの流量を増やして上げることで、ステアリングの速い切り返し時のアシスト量を確保することが出来ます。

また、そのほか今回はスロットルボディの大径化を行なうことに。

スロットル比較.jpgインマニ加工2.jpgインマニ加工3.jpg

写真左を見てみると分かりますが、EK9STD(左)は元々ボディ口径が62mmで、DC2RのSTD(67mm)と比較しても5mm小径です。
そこで、今回DC2用SPOONベンチュリービックスロットルを装着し、吸気口を62mmから70mmに、バタフライ径を60mmから65mmに拡大することで、EK9用ノーマル比、断面積で約20%アップしました。

スロットルをDC2用ベンチュリービックスロットルに交換をするにあたり、そのままでは写真中央のように約1.5mmの段付(赤線部分)が生じてしまう為、インマニを外し、リューターで拡大加工を施します。

インマニ脱着3.jpgインマニ脱着2.jpgバルブクリアランス調整.jpg

インマニを外したときは、インマニ側、ヘッド側のポートのバリを綺麗に削り落とし、入念に洗浄してから装着します。
最後にバルブクリアランス調整を行い、作業完了!

今回の掛かった費用は

パワステポンプ新品          ¥64,260
Oリング                ¥  163
工賃(パワステポンプ加工、交換)    ¥25,200
パワステオイル            ¥ 998
ベンチュリービックスロットル(DC2用) ¥50,400
工賃(インマニ加工、スロットル交換)  ¥58,800
インマニショートパーツ         ¥ 6,148
バルブクリアランス調整         ¥21,000
ヘッドカバーパッキン          ¥ 4,284
代車費用                ¥ 2,000
合計                 ¥233,253

作業期間は2日間。代車をご利用頂き、お預かりでの作業でした。

これからもさらに充実したモーターライフをお過ごし下さい!!
有難う御座いました。

Posted by 原
posted by Mechanic at 20:35| Comment(0) | シビック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

GE8 60φスロットルボディ

GE8スロットル.jpg

今日はGE8フィットデモカーにベンチュリービックスロットルを装着です。

CR-Z用ではすでに販売中で、装着された皆様から高い評価を頂いているベンチュリービックスロットルボディですが、遂にGE8用が間もなくリリースされます!

インマニ、ヘッドカバー交換1.jpgGE8スロットル比較.jpgスロットル交換.jpg

写真中央はノーマルとの比較です。左がノーマル、右がSPOONベンチュリービックスロットル。
STDの寸法や加工方法はCR-Z用と同様、吸気口はSTD54φを60φに拡大、バタフライは50mmから56mmに拡大する事で、ノーマル比「断面積を25%UP」させました。
これによりパワーアップと全回転域でのレスポンスアップが実現されます。

そして今回こんな試作パーツも・・・。

ヘッドカバー1.jpgヘッドカバー交換1.jpgヘッドカバー交換3.jpg

まずはヘッドカバー。
写真左の様にGE8フィットのヘッドカバーは樹脂製ですが、タイプRの赤で縮み塗装処理を施し装着です。

インマニ1.jpgインマニ2.jpgインマニ交換1.jpg

次はインテークチャンバーです。
こちらもヘッドカバー同様、純正は樹脂製ですが、赤の縮み塗装処理をすることで、STDの状態ではちょっとさびしいエンジンルームに純正の風合いを損なわずにさりげなくインパクトを与えることが出来ました!

ホンダ好きにはたまらない「タイプR」風に、ワンポイントモディファイしてみてはいかがでしょうか。

Posted by 原

posted by Mechanic at 20:57| Comment(0) | フィット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。