2011年04月27日

CL7リフレッシュ

CL7.jpg

今日は群馬県からCL7のお客様がご来店です。

「走行75000km、新車で購入してから丸8年経つので消耗部品をリフレッシュしたい。」との事でした。

まずは今まで無交換のクラッチです。

旧クラッチ.jpgディスク磨耗.jpgNEWクラッチ.jpg

ミッションを下ろしてクラッチを見てみると、クラッチディスクは写真中央のように磨耗しておりました。溝が無くなっているので綺麗に最後まで使い切った感じです。
今回、クラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングはCL7純正新品に、フライホイールはFD2用の純正に交換です。CL7純正6.2kgに対しFD2用は4.7kgですので1.5kgの軽量化。エンジンの吹け上がりも良くなり、サーキット、峠走行ユーザーにはぜひお勧めしたいです!

レリーズベアリング.jpgレリーズベアリング フォーク.jpgレリーズベアリング2.jpg

写真左はミッションクラッチハウジングのレリーズベアリングです。クラッチのダストが積もっているのが分かります。作業前のクラッチペダルを踏んだ時の渋さは、このレリーズベアリングのグリスがクラッチダストに吸収されカサカサになってしまった為、スムーズにスライドできなかったからですね。
クラッチを交換するときは写真右のように綺麗に洗浄してから組み付けましょう!

ブッシュ1.jpgフライホイール.jpgブッシュ2.jpg

そして見逃しがちなのが写真左のブッシュ。左が新品、右が今回外したものです。
このブッシュはフライホイールの中心に位置し(写真中央)、クランクシャフトに軽圧入されているパーツです(写真右)。
ミッションのメインシャフト先端部がこのブッシュに差し込まれベアリングの役割をしています。外したブッシュを見ると分かりますが、75000kmも走行すればこのブッシュも磨耗し、メインシャフトとのクリアランスも過大になってしまいます。ガタが大きいとメインシャフトが振れることになるのでクラッチ交換のときは必ず交換しましょう!

リジカラ1.jpgステリジ1.jpgステリジ2.jpg

こちらはすでに定番パーツ。サブフレームリジットカラーとステアリングリジットブッシュです。
CL7はミッション脱着時にはサブフレームを下ろさなくてはなりません。クラッチ交換の時に同時に装着すれば、工賃は非常にお得!
純正のゴムブッシュをアルミ製カラーに交換しリジット化する事で、クルマの動きは激変します!シャープになるけどそれでいて、どっしり安定して、しなやか・・・。一見、矛盾している様に思うかもしれませんが、まさにそんなフィーリングになるんです!

リジカラR2.jpgリジカラR3.jpgリジカラR1.jpg

リアもリジカラを装着し、これで前後バランスのとれた上質な乗り味となりますね!

ヘッドカバーオイルにじみ.jpgバルブクリアランス調整1.jpgバルブクリアランス調整2.jpg

エンジン系は写真左のように、やはりヘッドカバーパッキン部からオイルのにじみが有り、パッキン交換と同時にバルブクリアランスの適正化を行ないました。

旧マウント.jpgNEWマウント.jpgクラッチマスタースレーブ.jpg

その他、エンジンミッションマウント、最近トラブルが良く見受けられるクラッチマスター、スレーブシリンダーも純正新品に交換して作業完了。

純正部品を中心にしたリフレッシュ作業でしたが、作業後はクルマ全体がスムーズで乗りやすくなった感触です。
これからも末永く大事に乗り続けてくださいね!!
有難うございました。

今回の掛かった費用は下記の通りです。

クラッチ類純正一式          ¥44,110
工賃(T/M脱着、クラッチ交換)     ¥71,400
エンジンマウント純正一式       ¥40,552
工賃(マウント交換)          ¥ 8,400
リジカラ(フロント)          ¥18,900
ステアリングリジットブッシュ     ¥12,600
工賃(リジカラF、ステアリングリジット)¥ 4,200
リジカラ(リア)            ¥18,900
工賃(リジカラリア取付)        ¥12,600
バルブクリアランス調整         ¥21,000
ヘッドカバーパッキン純正一式      ¥ 3,035
クラッチマスター、スレーブ、ホース純正 ¥16,513
工賃(マスター、スレーブ、ホース交換) ¥12,600
クラッチフルード純正          ¥ 945
代車費用                ¥ 2,000
廃棄処分料               ¥ 1,050

合計                  ¥288,805

代車をお貸しして1週間お預かりでの作業でした。

Posted by 原
posted by Mechanic at 21:30| Comment(2) | アコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

CR-Z ハイカム&ツインブロックキャリパー装着

ZF1 1 .jpg

今日はCR-Zのお客様がご来店です。

今までにスロットルボディ、リジカラ、モーターリブなどを装着し、着々とチューンアップをされてきましたが、今回ハイカムシャフトキットツインブロックキャリパーを装着することになりました。

カム交換2.jpgZF1カム.jpgGE8カム.jpg

まずはカム交換。
インマニ、ヘッドカバーを外し、ロッカーアーム、カムシャフトを交換、そして専用ECUに書き換えをします。
装着した皆様から高い評価を頂いているこのハイカムシャフトキットですが、やはり1バルブ停止機構が無くなる事で装着後の燃費が気になっているとのことでした。

今まで装着した方からのデータで言いますと、乗り方にも寄りますが街乗りで約2km/1Lくらい燃費が落ちますが、それよりも低回転からの加速感の向上の方が価値があるとのご意見を皆様から頂いております。
ハイブリッド車ですので燃費を重視する方が多いと思いますが、若干の燃費を犠牲にしてでも楽しく走りたい!と言う方にはぜひお勧めです!!

ツインブロック装着.jpgツインブロック.jpgZF1ツインブロック1.jpg

次にツインブロックキャリパーを装着です。

写真中央のようにSPOONツインブロックキャリパー、スリットローター(EK9用)、ブレーキパッドフロント(EK9用)をセットで装着です。ブレーキローター径はノーマルの260mmに対し280mmに大径化されるので制動力とコントロール性が向上されます。

今回装着されていたホイールはModulo 17”6.5J+45でしたが3mmスペーサーを入れることで装着できました!

今回の掛かった費用は下記の様になります。

ハイカムシャフトキット(工賃込み)    ¥168,000
ツインブロックキャリパー         ¥134,400
ブレーキパッドフロント(EK9用)     ¥ 23,100
スリットローター(EK9用)        ¥ 25,200
ブレーキフルード(純正)         ¥ 1,890
工賃(キャリパー交換)          ¥ 16,800
ホイールスペーサー3mm         ¥ 2,835
合計                    ¥372,225

作業時間は朝10時にご来店で夕方のご返却でした。


さらにチューニングを施した愛車CR-Zのドライビングを存分に楽しんでくださいね!!
今度ぜひ、感想と燃費情報を教えてください!!

Posted by 原
posted by Mechanic at 21:23| Comment(2) | CR-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

リジカラ試乗車あります!

IMG_4714.jpg

先日納車されたばかりのFIT GE8後期RS(M/T)。

これからパーツ開発などで使用し、やがてSPOONデモカーになる予定ですが、そのパーツ開発の第一弾、リジカラのリア用をテストしました。

リア用も装着で前後バランスの取れたより上質な乗り味を実現できたので、近日中にリリースされますが、実はまだこのリジカラの生み出す効果に半信半疑の方もいらっしゃると思います。

そこで、今でしたらリジカラを装着するとどんな効果があるのか?どんな乗り味になるのか?を実際に乗って確かめる事ができますので、ご希望の方はぜひ一度試乗してみてください。
リジカラ以外はまだすべてフルノーマルですので、FITユーザーにはすぐ感じ取れると思います!

また、先日リジカラWEBサイトにて、新たなリジカラ動画もUPいたしましたので、ぜひこちらもご覧下さい!!

Posted by 原
ラベル:リジカラ 試乗 Fit GE8
posted by Mechanic at 19:18| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

DC5 エンジンOH

DC5 1.jpg

今日はDC5のお客様がご来店です。

現在走行距離は9万km。「今までサーキットや峠を走行してきて各部が劣化してきているので今後も永く乗れるようにエンジンをオーバーホールしたい。」との事でした。

まずは作業前にタイプワンの周りを試乗チェックしてみると、確かに距離相応にエンジンはお疲れの様子。調子は悪くは無いのですがトルクが落ち、パンチが無い感触でした。

エンジン下ろし2.jpgエンジン下ろし3.jpgエンジン下ろし4.jpg

エンジンを降ろします。
写真のようにDC5はエンジンの上にエアコンの配管が通っている為、エンジンを降ろすときはクレーンで吊り、エンジンルーム下から降ろします。

補機洗浄.jpgクラッチSPOON.jpgレリーズフォーク.jpg

エンジンミッションが降りたら、ミッション、クラッチ、補機をばらし、各部の状態をチェックしながら洗浄、加工、組み付けをしていきます。

写真中央はクラッチ類です。元々他社製カーボンクラッチを装着されていましたが、踏力がかなり重く、これからは奥様も運転されるとの事でしたので、今回はSPOONノンアスタイプのクラッチと純正フライホイールを装着することになりました。
また、クラッチを交換する際に意外に見逃しがちなのがレリーズフォークの磨耗です。写真右が純正のレリーズフォークなのですが、レリーズベアリングを押す部分(矢印部)が磨耗していると、ストローク量が変わってしまう為、「クラッチを新品に交換したのに、なんかフィーリングが思わしくない」なんて事になり兼ねません。

マウント1.jpgマウント2.jpgマウント3.jpg

次に、こちらも今まで一度も交換したことが無いと言うエンジン、ミッションマウントです。
作業前に試乗した感触ではシフトチェンジのたびにエンジンミッションがかなり動き、ギヤの入りを悪くしている印象でした。
各マウントをチェックしてみると、ゴムは硬化し亀裂が入っている状態でしたので、今回は無限製ハードマウントを装着することになりました。

バリ取り1.jpgエキマニポート1.jpgエキマニポート2.jpg

補機もただ洗浄するだけではなく、吸排気ポートは加工を施します。特に純正エキマニを使用している場合は写真中央のようにポートを見てみると明らかに段つきがあるため、リューターで修正をします。

NEWエンジン1.jpgNEWエンジン3.jpgNEWエンジン4.jpg

そして、タイプワンエンジン室で精密組み立てされたエンジンに補機、ミッションを取り付けし、NEWエンジンを搭載です。

今回のエンジンOHに掛かった費用は下記のようになります。

K20AエンジンOH         ¥399,000
エンジン脱着工賃         ¥109,200
エンジンオイル          ¥ 6,930
補機ショートパーツ        ¥ 24,200
クラッチディスク(ノンアス)    ¥ 23,100
クラッチカバー          ¥ 39,900
レリーズベアリング        ¥ 14,700
純正フライホイール        ¥ 40,005
レーシングプラグ         ¥ 10,080
無限エンジンミッションマウント  ¥ 27,300

合計               ¥694,415

作業日数は1週間でしたので代車をお貸しして、お預かりでの作業となりました。

エンジンOH後は約2000km慣らし走行をお願いしておりますが、お客様はG/Wにお車で遠出をするとの事で、ちょうど良い慣らし走行になりそうですね!
NEWエンジンのフィーリングをじっくり味わいながら楽しんでくださいね〜!

Posted by 原
posted by Mechanic at 21:01| Comment(0) | インテグラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

CR-Zリア用リジカラを装着しました。

ZF1 1.jpg

今日は大阪からCR-Zのお客様がリジカラのお取付けでご来店されました。

まだ走行距離は1,000kmで1週間前に納車されたと言うピカピカの新車でしたが、
「以前からリジカラの噂を聞いていて、納車されたらまずこのパーツを装着しようと思って、遙々来てしまいました。」との事でした。
遠方からのご来店、誠に有難うございます!

早速フロントのリジカラを装着したのですが、作業中にオーナーにちょっと相談・・・。

実は、現在CR-Zリア用のリジカラを開発&テスト中で、その先行試作品を装着して見ませんか?と尋ねた所、快諾を頂きました。

ZF1リジカラR12.jpgZF1リジカラR2.jpgZF1リジカラ3.jpg

CR-Zリア用リジカラは写真のような特殊な形状をしたカラー左右1個ずつ(合計2個)です。

リア アクスル.jpgリジカラR7.jpgリジカラR6.jpg
現在すでに販売されている他車種と違いCR-Zはリアのサブフレームが存在しません。
写真左のイラストの様に、リヤアクスルビーム(固定軸)のブッシュ2箇所(赤丸印)がボルトでボディに締結されています。
写真中央、右はその締結ボルトです。

リジカラR5.jpgリジカラR4.jpgリジカラR1.jpg

そのボルトを外してみると、ボルト径に対しボディ側の穴に約2mmの隙間が存在しています(写真左)。その隙間をリジットカラーで埋め、さらにアクスルのブッシュカラーまでリジカラ突起部が貫通して(写真中央)強固に固定できるのでリアサスペンションの剛性を向上させることが出来ます。

装着後試乗してみると、、、
ステアリングを切り込むとそのままリヤも素直に追従してくる感触。コーナーリングではダンパーの減衰力を上げたような粘り感が有り、スポーティな乗り味となりました!


作業が完了し、お客様は帰られましたが、その日の夜に早速インプレッションが入ってきました。

「先ほど、大阪に着きました。リジカラ装着の感想としましては”すごい”です。

まず、サスのいやな突き上げ感がなくなりました。全く別の足回りになったかのように感じました。

東名に乗るために、用賀の交差点を右折したときにハンドルを切った分だけスムーズに曲がりました。自分のイメージした通りに車が動いてくれてます。
ある意味、当たり前の事ですが装着前にはなかったハンドリング感でした。

東京に向かうときには、まっすぐ走らせるのに神経を使い、かなり疲れましたが、帰りは自分の思うように車が動いてくれて、疲れもほとんど感じず、楽しく帰路につかせて頂きました。

素晴らしいパーツに巡りあえて嬉しい限りです。
CR-Zともっと楽しく付き合っていけそうです。」


わかりやすいインプレッションを頂きまして有難うございました。
これからもCR-Zドライビングを楽しんでくださいね!!



このリアにサブフレームが無い車軸式サスペンション形式用のリジカラは今のところ下記の3車種で近日リリース予定。
他の車種については、試作・テスト走行を重ね検討していく予定です。

CR-Z(M/T車)
FIT GE8RS(M/T車)
CIVIC FN2

リジカラ(リア)   ¥ 5,880
取付工賃       ¥ 5,880
合計         ¥11,760

Posted by 原
posted by Mechanic at 17:21| Comment(4) | CR-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。